おすすめBTOパソコン
  1. Top

【BTOパソコン】GTX1080Ti搭載ハイエンドPCまとめ

4K画質もVRも快適!最速ハイエンドGPU搭載おすすめBTOパソコン


2017年3月11日に国内で販売開始されたnVidiaの最新ハイエンドGPUを搭載したBTOパソコンを紹介しています。
販売開始直後とあり、まだBTOメーカーによる取り扱いが少ない現状ですが、
既に販売を開始したところがあるようなので情報をまとめてみました。

気になるGTX1080Tiの性能は?

GTX1080Tiスコア
スコア参照元:マウスコンピューター

同じくnVidiaのハイエンドGPUであるGTX1080と対比して、性能は35%も上昇しているというGTX1080Tiですが
単品販売価格187,320円のフラッグシップモデルTITAN Xと比べてどうなのかが気になるところでした。

この表でもGTX1080から大幅に性能アップし、TITAN Xを超えるスコアを叩き出しています。
4gamerのベンチマーク記事でも、GTX1080TiはTITAN Xを上回る性能を発揮しており
DX11環境のゲーム、DX12環境のゲーム共に目下最速のGPUとして君臨するようです。

今年発売予定のGTX2080はGTX1080のマイナーチェンジ版で、20%程度の性能アップと言われていますし
GTX1080Tiより性能が向上することはないでしょうね…。
このまましばらくGTX1080Tiの天下が続きそうですので、ハイエンドGPUを欲している層は安心して買えますね。

4K画質でのゲームプレイも可能!FF14も快適表示

copy-ff14-header.jpg

GTX1080では厳しいと言われていたFF14の4K画質もGTX1080Tiなら快適に動作するようです。
国内でも人気があるFF14ですが、美麗なグラフィックを売りにしているだけあって動作が重いのが難点です。
フルHD環境でもかなりのGPUパワーを使いますが、4K画質ともなると普通のGPUではまともに動きません。

GTX1080ならSLI(2枚挿し)で運用しなくては快適にならなかったようですが、
しかしGTX1080Tiなら1枚で快適動作を実現でき、コストパフォーマンスに優れたGPUとなりそうです。
今後伸びてくるであろうVRゲームでも、11GBの大容量ビデオメモリを搭載しているため、快適な動作が見込めます。

GTX1080Ti搭載のおすすめBTOパソコン

G-TUNE

G-TUNE評判
g-tuneアイコン
MasterPiece Series
販売元G-TUNE ultimate gaming machineicon
おすすめタイプ品質重視 スペック重視 こだわり派
おすすめ度ico_grade6_5.gif星9
価格259,800円
CPUcore i7-7700K(4.2GHz)
GPUGTX1080Ti
RAM32GB DDR4-2400icon
ストレージSSD480GB / HDD3TB 
電源700W BRONZE
ショップの特徴G-TUNEの最上位ブランドで、品質と拡張性が高くなっている。
通常製品とは価格が違う分、配線やエアフローにも拘りが見える。
CPUファンを2基搭載できたり、水冷化も可能。
強化ガラスパネルやSSD(M.2)も選べるため、こだわり派向け。


パソコン工房

level_g_940x250.jpg
pasokou.jpg
LEVEL∞ Series
販売元パソコン工房icon
おすすめタイプコスパ重視 スペック重視 初心者向け
おすすめ度ico_grade6_5.gif星9
価格206,980円
CPUcore i7-7700(3.6GHz)
GPUGTX1080Ti
RAM8GB DDR4-2400icon
ストレージSSD240GB / HDD1TB 
電源700W BRONZE
ショップの特徴G-TUNEよりも大分安いが、諸々がスペックダウンしている。
CPUを7700Kにして、RAMを16GBにしても安いのが嬉しい。
質感にこだわりがなく、スペックを重視したいという方は
パソコン工房にすればかなりコストカットが見込める。


ドスパラ

top_slide_closeup_galleria.jpg
ガレリアc
GALLERIA Z Series
販売元ドスパラ
おすすめタイプ品質重視 スペック重視 こだわり派
おすすめ度ico_grade6_5.gif星10
価格239,980円
CPUcore i7-7700K(4.2GHz)
GPUGTX1080Ti
RAM16GB DDR4-2400icon
ストレージSSD750GB / HDD3TB 
電源800W TITANIUM
ショップの特徴価格はG-TUNEとパソコン工房に劣るが、カスタマイズ項目が多い
特にケースが変更できるのが大きく、CM690やGRoneなど
高い冷却性で人気のケースが選べるのがアツイところ
品質が良く、変換効率が最上級のTITANIUM電源もポイント


おすすめのBTOパソコンショップ一覧表

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
【2017年】最新版!BTOパソコンショップ一覧表。20以上のBTOパソコンショップを一目で比較できます。現在、様々なBTOパソコンショップがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいると思います。そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングPC、RAW現像用パソコン、ハイスペックパソコンをお求めの方少しでも参考になりました...

当ブログの人気記事

【初心者向け】すぐわかるCPUの選び方【BTOパソコン】

BTOが楽しくなる!BTOパソコンのパーツ選びガイド

第一弾はCPU編!
この記事では専門用語を極力使わず、各パーツの役割を初心者向けに解説していきます
パーツについての知識が無くてもPCを使う上では問題となりませんが、やはり知っているとBTOパソコン選びが楽しくなります。

私は初心者の頃、よくわからず電気屋さんの店員に言われるまま購入して後悔した経験がありますし
BTOパソコンでも適当に注文して後悔したことがありますので・・・。

わざわざこのブログを読んで下さっている方に楽しくBTOパソコンを選んで頂けるよう
初心者向けの解説記事を作ってみました。

BTOパソコン選びで迷っている方のお役に立てましたら幸いです。

CPUの選び方

CPUは指令塔!目的別に選ぶことが大事

ご存知の方も多いと思いますが、CPUはパソコンの脳にあたる部分で、処理や計算を行うパーツです。
このCPUの性能でパソコン全体の性能を決めてしまうと言っても過言ではないほど重要なパーツになります。

ゲームや映像制作、動画編集やエンコードなどなど、何らかの行動を起こした時にはCPUによる処理が行われます。
CPUの性能次第で処理速度が早くも遅くもなりますので、コストを掛けるなら先ずCPUというのがPC選びの鉄板でしょう。

このCPUについての詳しい性能解説は、様々なサイト様がわかりやすく行っていますので今回は割愛し
目的別の選び方について解説したいと思います。

先ずゲーム用途でのCPUの選び方から解説していきますので、
マルチ用途の解説まで飛ばしたい方は↓をクリックすると解説位置までスクロールします。

➡クリエイティブな活動が中心の方に適したCPU

ゲームプレイが中心という方に適したCPU


*スマホの方は横画面にして頂くとPC版の表が出ます
種別ハイエンドハイクラスアッパーミドルミドルエントリー
ゲーム用途
intel-CPU
i7-7700K
i7-6950X
i7-6700K
i7-6900K
i5-7600K
i7-4790K
i7-4770K
i7-7700
i3-7350K
i7-3770K
ゲーム用途
AMD-CPU
-
-
-
-
RYZEN-1800X
-
RYZEN-1700X
-
RYZEN-1700
-
オンラインゲームを中心にプレイしている方は上記の表を参考にして頂ければと思います。
ゲーム用途の項目は、様々なベンチマークサイトを渡り歩き情報を収集した上で、よりゲームに適したCPUを掲載しています。

ゲーム用途に適したCPUを選ぶポイントは
  • クロック数が高いCPU
  • コア数が多すぎないCPU(4コアがベスト)
現在のオンラインゲームやPCゲームはCPUのシングルコア能力が高いほど有利になっており
コア数が多い物より、コア数が少なくてもシングルコアとしての処理速度が高いものを選んだ方が良いのです。

CPUの処理能力を表す際、クロック数(動作周波数)と呼ばれる値が使われますので、そちらを参考にしてください。

クロック数は、秒単位でどの位の量の計算が出来るかを表した値です。
基本的にはクロック数(GHz)が高いCPUほどゲームでの処理が高速と思って頂いても大丈夫です。

ghz.jpg

クロック数の見方はCPUと合わせて「GHz」と書いてありますので、そこをチェックしてみてください。
これはコア1つ辺りの処理能力ですので、記述してあるクロック数が高ければ高いほど幸せになれます。

他にコア数やスレッド数、キャッシュなど性能を測る上で大事な要素もありますが、先ずはクロック数を意識してください。
キャッシュも大事ですが、最新CPUのキャッシュはどれも高性能になっているので一先ず気にしなくて大丈夫です。
キャッシュについては後述の「クリエイティブな活動が中心という方に適したCPU」で解説しますので一旦お預けです。

ゲーム用途ならCPUのコア数よりもシングルコアのクロック数が大事!これを覚えておきましょう。

マルチコアはゲーム向きじゃない?気になるコアの話

CPUの性能を測る上で、コア数やスレッド数も大事な要素ですが、ゲーム目的ならシングルコアの性能を優先して考えたほうが良いです。
これは現在のゲームで「ゲーム側」がマルチコアの性能を上手く使えないためです。
マルチコアとしては動作しますが、性能を発揮しきれません。

さらに、多くのゲームではマルチコアの性能を上手く使えないどころか、マルチコアそのものに対応していません。
CPUがゲームでマルチコアを使うには、ゲーム側からマルチコアの使用を指示するシステムが必要になります。
このシステムを「マルチスレッド」と言います。

マルチスレッドの詳しい説明は割愛しますが、ここでは「マルチコアが使えないゲームが多い」とだけ覚えてください。
ゲーム側がマルチスレッド対応でなかった場合、どれだけCPUのコア数があってもシングルコアとして動作します。

そうなると8コアや10コアある高額なCPUを選んでも、ほぼ無意味ということになりますね
「じゃあマルチコアCPUって要らないんじゃない?」と思う方もいらっしゃると思いますが

最新の4コアCPUは基本的にシングルコアの性能が高く、
かつ様々な用途でバランス良く性能を発揮するためゲームメインのユーザーにも人気があります。

また、国内で言うとFF14やPSO2など比較的新しいオンラインゲームでは4コアまでのマルチスレッドに対応していますので
4コアCPUを選ぶユーザーが多い理由にもなっています。

最新のゲームでも4コアCPUが良いの?

将来的には8コアの性能を十分に引き出せる環境のゲームも出てくるようですが、
多くのゲームでそうなるにはまだまだ時間がかかりそうなので、今は4コアのCPUを基準に選ぶのがベストだと思います。

ひとまず、目的のゲームが「マルチスレッド」に対応しているかどうか
「DirectX」のバージョンはいくつまで対応しているか?を調べるとスムーズにCPUが選べると思います。
DirectX(以下DX)は簡単に言うと「PCのスペックをゲーム機として使えるよう最適化しちゃうよ」ってな感じのアプリケーションです。
PCゲームをはじめ、Xboxでも採用されています。
  • ゲームがマルチスレッドに対応していないとシングルコアとして動作する。
  • DX11以下のゲームはマルチスレッドに対応していても、4コアまでしか認識しない上に性能をフルに発揮できない。
  • DX12のゲームはマルチスレッドに対応していた場合、8コアまで認識でき、マルチコアの性能も発揮できる。
2017年現在ですと、「バトルフィールド1」や「HITMAN」などDX12環境のゲームがいくつか見られますので
目的のゲームがDX12環境でしたら6コアや8コアのCPUも選択肢に入ります。

ただ…オンラインゲームは製作に時間がかかるため、この辺りの対応がとんでもなく遅れています。
DX12環境のオンラインゲームが出回るのは数年先になるんじゃないでしょうか?

国産・韓国産・中国産オンラインゲームではDX11すら珍しいですからね…
FF14ですらDX12の対応はしないと明言していますし、PSO2なんかDX9ですよ。
なので、DX12に対応した超大型の新作が出てくるまでは4コアCPUがオススメです。

ちなみに6950X(3.0GHz/10コア/20スレッド)と6900K(3.2GHz/8コア/16スレッド)がゲーム性能でも高く評価されているのは
Intel® High End Desktop Processorsという超高額なCPUで、クロック数以外の性能がケタ違いだからです。
その代わり6950Xは日本円で20万円前後、6900Kは13万円前後と、文字通り値段もケタ違いなので…。
「コストは気にしねぇ!俺は最強のPCを買うんだ!」という猛者以外はオススメしません。

両者ともにベンチマークで7700Kを超える場面も見られますが、4コアまでしか対応していないゲームでは7700Kに敵いません。
さらにシングルコアしか使えないゲームになると大幅に性能がダウンしますので…
ゲーム用途では値段に見合わないと言われています。

という事で、バランスを考えるならシングルコア性能もトップクラスで
マルチスレッド対応のゲームでも性能が良い4コアCPUを選ぶのがベストです。

2017年のオススメCPU

Core i7-7700K (参考価格:¥40240)
7700k.jpg2017年現在のベストバイは間違いなくこれ。
シングルコアとしての性能は最高峰ですし、4コア8スレッドなのでマルチコアとしても優秀なCPUです。
クリエイティブな用途ですと、これ以上のCPUもありますが、ゲーム用途だと最強のコスパを誇っています。

先述した「マルチコアの性能を引き出せる環境(DX12)」になったとしても、10コア20スレッドの6950Xとほとんど差がありません。
core i7-7700Kは40000円前後、6950Xは19万円前後ですし、ゲーム環境でのコスパは異常です。

Core i5-7600K (参考価格:¥28340)
i5.jpg クロック数3.8GHzでキャッシュは6Mと、シングルコア性能は相当高いです。
i5シリーズなのでスレッドは付いておらず、4コアとして動作しますが、大概のオンラインゲームは4コアまでしか使わないので問題ありません。
定格3.8GHzでも、インテルターボブーストテクノロジーさんが搭載されているので勝手に4.0~4.2GHzあたりまでクロック数が上がります。
i7-7700(Kがついていないやつ)のが価格は高いですが、ゲーム用途で見るとこっちのがハイスペックですし、ゲーム目的でi7-7700はオススメしません。

総合力は7700Kに及びませんが、4コア4スレッドの廉価製品だけあって価格が安いのが最大のメリット。
トップクラスのシングルコア性能かつ、ゲーム用途では無駄が無い4コアCPUなので、コスパ重視の方にオススメ。
ゲームはめっちゃやり込むけど、他にハードな使い方しないよ!という方にピッタリです。


Core i3-7350K (参考価格:¥22800)
i3_2017031008574758d.jpg  クロック数4.2GHzでキャッシュは4Mと、シングルコア性能で見てもかなり良い方です。
 i3シリーズなので2コア2スレッドですが、古いゲームが目的の方にとっては最強コスパのCPUでしょうね。
 ちなみに2コアと言っても最新のintelCPUですから、処理能力はかなり高いです。
 最新スマホの最上位CPUを8コア使ってもこのCPUの1コアにすら及びませんので、ネットサーフィンや動画閲覧くらいなら困らないです。

 例えばROだったりリネ2だったりと、往年の名作をプレイしている方はこれと7700Kや6950Xを比較しても性能差はほぼありませんので
 古いゲームだから、「これで十分」というわけではなく、「これが最高ランク」なのです。

 あ、でも攻城戦を動画で撮影したりとかゲームと同時に色々やる方はi7がオススメです。



クリエイティブな活動が中心の方に適したCPU

種別ウルトラハイエンドハイエンドハイクラスアッパーミドルミドルエントリーロークラス
intel-CPUi7-6950X
-
i7-6900K
i7-5960X
i7-6850K
i7-6800K
i7-4960X
i7-7700K
i7-6700K
i7-4790K
i7-4770K
i7-4820K
i7-3770K
i5-7600K
AMD-CPU-
-
RYZEN-1800X
RYZEN-1700X
RYZEN-1700
-
-
-
-
-
-
-
-
-

マルチタスクや、クリエイティブな用途を中心に考えている方は
シングルコアの性能より、総合力とコア数が重要になってきますので、ゲームメインの方とはCPUの選び方が変わります。
目的としているジャンルや、作業するためのソフトウェアによっても多少変わりますが、
ゲームと違って多くのソフトウェアがマルチスレッドに対応しているので、コア数が多いほど有利になります。

かなりざっくりとした説明になりますが
CPUが1つのアプリケーションに対してマルチコアを使う場合、アプリケーション側からマルチコアの使用を指示するシステムが必要になります。
このシステムを「マルチスレッド」と言います。



ゲーム用途の場合はマルチスレッドに対応したタイトルが少なく、
シングルコアの性能が重視されますので、クロック数(動作周波数)を重視した選び方をオススメしました。
エンコード作業や写真編集作業、音楽編集、または3DCADや3DCG製作などを行う方はCPUのコア数を重視しましょう。
(目的のソフトウェアがマルチスレッドに対応していない場合は、ゲーム用途の項目を参考にしてください)

クリエイティブ用途に適したCPUを選ぶポイントは
  • コア数・スレッド数が多いCPU
  • L3キャッシュが多いCPU
  • メモリ帯域はどこまで使えるのか
この辺りを見ながら選ぶと、良いCPUと出会えると思います。
今回は初心者向けということでザックリとした説明にしますね。

CPUの性能を見る!

cpu解説

ではでは、ざっくりと解説していきます!

クロック数(動作周波数)

先ず性能に大きく関わるのがクロック数(動作周波数)で、これはCPUが1秒間に計算できるデータの量を表しています。
単純に数字が大きいほど高速になるので、ここも一つ重要なポイントとなります。
ただ、コア1つに対する性能を表していますので、クロック数が最も高い=最も処理速度が速いCPUというわけではありません。
これは後述するコア数との兼ね合いで変わりますので、ご注意ください。


キャッシュ(L3キャッシュ)

これはCPUが一時的にデータを保存しておく場所を指します。
この数字が大きいほどデータの転送に時間がかからないため、処理が高速になります。

基本的にはメインメモリがデータの一時保存をする役割をもっているのですが、CPUがデータの処理をする際に
いちいちメインメモリにアクセスをすると時間が掛かりますので、それを解消するための超高速メモリをキャッシュと呼びます。

キャッシュはCPUのすぐ近くに配置されており、キャッシュとCPUのデータ転送は物理的にも速く行えるようになっています。
さらに通常のメインメモリ(DRAM)より高価で転送速度が速い「SRAM」と呼ばれるメモリで構成されています。

キャッシュにはL1、L2、L3キャッシュがあり、それぞれ容量が違います。
ここで表記されているキャッシュはL3キャッシュ(3次キャッシュ)と呼ばれるもので、L1とL2にデータが無かった場合に
最終的なアクセスポイントとして使われる、いわば最後の砦的な頼れるヤツです。
こいつにもデータがないと遠くにあるメインメモリまでデータを探しにいきますので、処理に遅れがでます。

このL3キャッシュの容量が大きいほど、一時的に記憶できるデータが増えるので
様々な動作が快適になると言われています。

ちなみに最新のintelCPUによるキャッシュの転送速度はL1とL2が1ns(10億分の1秒)
L3キャッシュが10nsになっており、もはや人智を凌駕していると言っても良いのではないかと思います。。。


コア数/スレッド数

これは単純にCPUのコアが何個あるかを表しており、
一般的にはコア数が多いほど高性能になっていきます。

マルチタスク(複数の作業を同時にやること)でもコア数が多いと処理速度が上がりますし
クリエイティブな用途の場合、使っているソフトウェアによってはかなりのマシンパワーが必要なので
これもコア数が多くなればなるほど快適性が増すと考えて頂いて構いません。

前述したキャッシュも、L1とL2はコア数の分だけ増えるので、マルチコアCPUは処理が速い!と言われる所以でもあります。
動画のエンコードなどでCPUを使う場合も、コア数が多いほど高速に処理ができます。

スレッドについてはこちらの動画がわかりやすいです。




メモリーの種類

これは取り扱いがあるメモリーの種類を表しています。
DDR4-2400と書いてありますが、DDR4-2400以下のメモリが使えるという意味です。
メモリの型番の読み方を知っていると性能がすぐわかりますので一緒に覚えてしまいましょう!

これはDDR4-2400(PC4-19200)というメモリを指していますが
PC4-19200の19200という数字が、メモリの帯域幅(転送速度のこと)を表しています。

このメモリの帯域幅(転送速度)は19.2GB/sとなっており、
DDR4-2133(PC4-17000)の場合は17GB/sになります。

要はここの数字が高いほど転送速度が上がるので、処理が速くなるよ~ということですね!


チャネル数

BTOパソコンを見ている時に、メモリの欄に「デュアルチャネル」とか「クアッドチャネル」とか良くわからない単語が付いていますよね。
あれはCPU側のシステムで、「メモリを複数枚連結させて転送速度を上げてしまおう!」というものです。

デュアル、トリプル、クアッドは対応している数を表しており、デュアルチャネルなら2枚
クアッドチャネルなら4枚のメモリを同時に使うことによって、メモリの帯域幅(転送速度)を大きく上昇させることが出来ます。
デュアルチャネルならそのまま倍になり、クアッドなら4倍になります。
  • デュアルチャネル DDR4-2400(PC4-19200)19.2GB/s ×2=38.4GB/s
  • クアッドチャネル  DDR4-2400(PC4-19200)19.2GB/s ×4=76.8GB/s
理論上なので、この転送速度を全て使い切る事はできないですが、早くなるのは間違いないです。

デュアルチャネルメモリなのに1枚しかさしてなかったり、
クアッドチャネルなのに2枚しかメモリが挿してなかったりと、勿体ない使い方をしている人もいますが
この辺りを理解しているとBTOパソコン選びや、メモリの増設の際に役立つと思います。

クリエイティブな活動が中心の方にオススメのCPU

core i7-7700K (参考価格:¥40,240)
7700k.jpg
ベストバイとまでは行きませんが、どんな場面でもバランス良くこなせるので無難です。
シングルコアとしての性能は最高峰ですし、4コア8スレッドなのでマルチコアとしても優秀なCPUです。

マルチスレッドに対応したアプリケーションでも4コアまでしか使えない物もありますので
4コアにしぼった性能でみるとトップクラスになりますし、局面を選ばないオールラウンダーとして活躍できます。
不得意がないというのも一つの強みではないでしょうか。

RYZEN7-1800X (参考価格:¥64,050)
RYZEN7.jpg
 満を持して登場したAMDの新世代CPUです。
 8コア16スレッドと、i7-7700Kに比べて倍のコア数がありますので、処理速度は別格です。
 intelCPUと比べると、i7-6900K(13万円強)と同等以上の性能があり、
 マルチスレッドが生かせる場面での処理能力は一般向けCPU中でもトップクラスとなります。

 これ以上のCPUを求める場合は、i7-6950X(20万円前後)とかアホみたいな値段のワークステーション向けCPUくらいしか無いですし
 一般的な価格帯で見るなら最高スペックのCPUと言ってもいいと思います。

RYZEN-1700 (参考価格:¥41,054)
RYZEN7.jpg
 RYZEN7のエントリーモデルで、性能が抑えられている分お財布に優しいです。
 ついでにシングルコアとしての能力もかなり抑えめなので、ゲームをやる方には向きません。

 ただ、8コア16スレッドのマルチコアCPUなので、マルチスレッドが生きる場面での処理能力は半端じゃないです。
 intelで言うところの6850K(7万円)を超えていますし、5960X(12万円前後)に迫るポテンシャルを持っています。
 マルチコア性能だけで見ると7700Kより遥かに優れていますし、同じ価格とは思えないスペックです。

 性能から見ると破格とも言えるコスパなので、価格重視の方はこれがオススメです。

Core i7 6950X Extreme Edition (参考価格:¥187,129)
6950X.jpg
説明不要の最強CPUです。
10コア20スレッドでL3キャッシュ25MBと化け物じみた性能ですが、価格が高い。
ゲーム用途でもマルチメディアでも最高の性能を発揮してくれますので、夢はあります。

基本的にはベンチマークで戦いたい方とか、GPUを複数枚入れたい方が買います。
クリエイティブな目的でも、Quadroのハイエンドモデルを使うなら普通のCPUでは足を引っ張りますので
このくらいのモンスターCPUも併せて選ぶ必要が出てきます。


あとがき

ここまでお読みいただきありがとうございました。
自分でもびっくりするほど長文記事になってしまったので、読んで頂いた方にお疲れ様でしたと声をかけたいほどです。

今後はシリーズ化して、GPU編やメモリ編、電源編などコンテンツを増やしていきたいと思います。
よろしければまた遊びに来てやってください。

CPUを自由に選べるBTOショップはこちらの一覧表から探せます
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
【2017年】最新版!BTOパソコンショップ一覧表。20以上のBTOパソコンショップを一目で比較できます。現在、様々なBTOパソコンショップがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいると思います。そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングPC、RAW現像用パソコン、ハイスペックパソコンをお求めの方少しでも参考になりました...

当ブログの人気記事

GTX1080Tiの発売日は3月11日!【日本国内】

GTX1080Tiが3月10日リリース!国内では3月11日発売


ZOTAC-GeForce-GTX-1080-Ti-PGF-Graphics-Card_2.jpg
引用元: ZOTAC Custom GeForce GTX 1080 Ti PGF Extreme Graphics Card Pictured

先日からちょくちょく記事にしているGeForceGTX1080Tiですが、国内での発売日が3月11日に決まったようです。
ハイエンドGPUであるGTX1080から35%も性能が上がっているそうで、
現在のフラッグシップモデル「TITAN X」よりも高速な新GPUとなっています。

国内の価格については未だ憶測の段階ですが、10万円前後になるのではないか?との噂。
GTX1080の価格が7万円~10万円の間なので、かなり安めに設定してきたなという印象です。
ライバルとなるTITAN Xに至っては20万前後で販売されているモンスターGPUなので、かなり攻めてきたな~と思いました。

さすがにOCして比べるとTITAN Xに分があるようですが、かなり良い勝負となるみたいで
GTX1080Tiのポテンシャルに驚きの声が挙がっています。

最近は4K画質だったり、VRだったりと高レベルなGPUを求めるコンテンツが増えましたからね
普通のオンラインゲームだけならGTX1080でもオーバースペックなんですが…
4K画質でゲームプレイをするとなるとGTX1080TiやTITAN Xが欲しくなります。

ただ、TITAN Xは球数が少ない上にクソ高いですからねぇ
とんでもない性能のGPUではあるのですが、正直ベストバイとは言えません。
そこに来てTITAN Xを上回るGTX1080Tiが半額で登場ですから、ハイエンドPCを求める方に朗報でしょうね。

こちらはGTX1080Tiを使ったFF15のデモ映像ですが、圧巻とも言えるキレイさですね。
(後半1分45秒あたりから流れます)



PC版FF15の発売が正式に決定したわけではないですが、最新技術のデモ映像の一環として紹介されたようです。
ぬるっぬるっに動いてて気持ちいいですね・・・

PC版FF15ではMODも入れられるようで、オンライン要素と噛み合って神ゲーになるのでは?とファンの間で熱望されています。
実際に正式発表はないですが、ファミ通のインタビューでPC版の開発を示唆したりと
発売するのは間違いないとの見方をされています。

インタビュー中でも

技術的なトライという意味で出してみたい。ハイエンド機で動かすFF15をユーザーに見てほしいし、僕ら自身も見てみたい。
あと、PCならではの機能でクエストを自分で作ったり、MODのようなもので自分の世界を楽しむという独自の遊び方の追求にも開発としてトライしてみたい



ハイエンド機で動かすFF15と発言があるように、要求スペックはかなり高くなりそうです。
PS4版よりさらにグラフィックスを強化するようですからね・・・。

でも、そのPC版FF15をGTX1080Tiでデモしたということは、それだけのスペックがあると捉えていいでしょうね
恐るべしGTX1080Ti

気になるVRの対応ですが、GTX1080TiはもちろんVRも対応で、「First 4k VR Ready GPU」と銘打って発表されました。
最近はVR対応のPCやGPUを「VR Ready」と表記して販売しているのですが
これはNvidiaの規格で、VRを実現する基準を満たした性能のGPUやシステムに付けられます。

GPUで言うとGeForce GTX970、GTX980、GTX980Ti、TITAN X、 GTX1060、GTX1070、GTX1080
がこのVR Readyの基準を満たしているそうです。

今回発売されるGTX1080Tiは初となる4k VR Readyと、4K画質でのVR環境を実現できるGPUとして紹介されました。

ますますGTX1080Tiに魅力を感じますね。

国内でも3月11日(午前3時)に発売解禁みたいなので、
そこからすぐにBTOメーカーでの取り扱いが始まるかはわかりませんが、
BTOパソコンメーカーで発売されるのが楽しみです。

当ブログの人気記事

RYZEN-1800Xのゲーム性能を調べてみた【初心者向け解説】

RYZENとは?AMDが放つ新世代CPUのお話


ryzen_kv0303.jpg

新世代のオクタコアCPU RYZEN


RYZEN(ライゼン)はAMDより2017年3月3日に発売された最新CPUシリーズで、8コア(オクタコア)を搭載した新世代の高性能プロセッサーです。
発売前夜から長蛇の列が出来るほどAMDファンから熱望されており、発売した瞬間はツイッターのハッシュタグでRYZENのワードが急上昇しました。

AMDとはアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(Advanced Micro Devices)の略で、
パソコン向けCPU業界ではintelのライバル的な存在として扱われている半導体メーカーです。

CPUのシェアを独占していたintelに対し、真っ向勝負で挑みシェアを奪い取っていくAMDの姿に魅了されるユーザーは多く
日本にも熱狂的なファンがたくさんいます。

しかし2013年に発売されたFX-9590を最後に、高性能CPUの販売は滞っていました。
2017年3月現在、日本国内のシェアはintelが約78%、AMDが約22%と大きな差をつけられていますが、
その状況を打破すべく、満を持して登場したのが新世代CPU「RYZEN」です。

気になるRYZENの性能は?ゲームには向いているの?


現在RYZENとして発売されている1700、1700X、1800Xはどれも8コア16スレッドになっており
マルチスレッド環境における性能は素晴らしいものとなっています。

ryzen1.png
引用元:ars

上の表はCINEBENCH R15というソフトで、CPUに高負荷を掛け、その性能を測る事ができるものです。
かなり精密に測れるようで、多くのベンチマークサイトでこのソフトが使われています。

この表ではマルチコアをフルに使ったCPU性能を比較しているのですが
intelのハイエンドCPUであるi7-6900K以上の性能を発揮しており、フラッグシップCPUである6950Xに迫る勢いです。
4コア8スレッド最速モデルの7700Kは大分後方に置いていかれましたね…。

さらに値段を比べるとRYZEN-1800Xは価格.comの最安値で64,040円と6900Kの半分以下の値段です。
これはintelCPUから大きなアドバンテージを奪い取る形になりました。
エンコードやマルチスレッドに最適化されたソフトウェアではとんでもないコスパのCPUが出てきたという印象です。
値段で比べても大きく離れていますし、エンコードやRAW現像、3DCADなどをやる方にとっては朗報とも言えるCPUです。

ただ、ゲームにおいてはそうとも言えず…私個人の意見としてはゲーム向きではないと思いました。

RYZEN-1800Xはゲーム向きではない?

4gamerさんでも詳しいベンチマークが公表されていますが
現在のオンラインゲーム業界ではマルチスレッドの最適化が進んでおらず、シングルコアで動作するゲームが多いです。
そういった理由から、ゲーム用途で考えるとどうしてもシングルコアの性能が重視されてしまいます

RYZENはシングルコアで見ると高性能というわけではなく、現在のゲームに向いているとは言えません。

マルチコアで動作するゲームもありますが、DX11以前の環境でマルチコアの性能を十分に発揮することは出来ないようで
今後出てくるであろうDX12環境で初めてマルチコアの性能を遺憾なく使い切れるようになるとのことです。

さらに、現在サービスされている国産・韓国産・中国産オンラインゲームはDX11おろか、DX9で製作されているものが多く
マルチスレッドに対応していたとしても、マルチコアの性能を上手く使えていないのが現状です。
(目的のゲームがDX12対応かどうかも調べてみてください)



FF14や黒い砂漠もDX11までしか対応していませんし、FF14開発陣によるとDX12への対応はしないそうです。
PSO2やTOSはDX9環境で、DX11にすら対応していません。
簡単に対応できるものならどこの開発元も運営もすぐにやるでしょうが、大手のオンラインゲームですら
対応が出来ていないことを考えると、すさまじい労力が必要になるのではないかと思います。

DX12まで対応しているのは、PC向けオンラインゲームだと未だに無いと思います。
パッケージ販売でオンライン要素があるPCゲームではGTA5とかバトルフィールド1とかHITMANとかでしょうか
とにかく数えられるくらい少ないです。

将来的にはDX12で製作されたオンラインゲームも出てくるかもしれませんが、あと数年はなさそうです。
スクエニがDX12環境のデモムービーを流していますし、FFの新作が出たらDX12環境でつくられているかもしれませんね。


そういった事情から、オンラインゲーム業界ではDXへの対応が衝撃的なレベルで遅れていますので
CPUはシングルコア性能が高いものを選ぶのがベストとなってしまいます。

RYZENは8コア16スレッドという多数のコアを持つ性質上、どうしてもシングルコアの性能が抑えめになっており
シングルコアの性能比で見るとそこまでスペックが高いというわけでもないです。
DX11以前の環境でintel製CPUと比べると、core i7-4770Kあたりと同程度とされていました。
i7-4770Kというと2013年に発売されたCPUです。

最新のintel製CPUですとi7-7700Kになりますので、その差は歴然というか…あまりにも大きいと言えます。
DX11以前のゲーム環境でintel製CPUと比べた結果がこちら

ryzen2.png
引用元:ars

この表からも、ゲームには向いていないのではないかと思えてしまいます。
その他のゲームでは7700kと同程度まで伸びるものもありましたが、
実売価格が1800Xよりも安い7700Kを大きく超えるものはありませんでした。

ゲームが主な目的の方は、RYZENではなくintel製CPUを選んだ方が無難でしょう。
とくにi7-7700Kがかなりの高性能っぷりを見せているので、今のところゲーム環境でのベストバイは7700Kでしょうね。

DX12環境での性能は?今後はどうなる?

今後、VRゲームなどでDX12環境の物が出てくるとは思いますし、先行投資として購入するならアリだと思いますが
現在なにかのゲームをプレイするという目的で購入するならRYZENは微妙かもしれません。

なぜなら、RYZEN7シリーズである1800Xをはじめ、1700X、1700ともにメモリ周りの遅延が指摘されており
これがゲーム環境で足を引っ張るのではないかと言われています。

DX12ではマルチスレッドに最適化されているため、現在のゲーム事情とは大きく変わります。
革新的とも言えるほどマルチコアCPUの性能が向上するそうですが、そのDX12環境ですらRYZEN1800Xは控えめのスコアになっています。

ryzen3.png
引用元:ars

今後の最適化によってメモリ周りの遅延が解決すれば、また状況も変わるかもしれませんが
現状では、ゲーム目的でRYZENを買うというのは余りオススメできないそうです。

参考にした海外の情報サイトでも、ゲーマー向けではないと説明されていました。

But right here, right now, when over 90 percent of gamers run at 1080p or lower resolutions—as much as it pains me to say it—if I had to pick the best CPU purely for no-compromises gaming, I would pick an Intel Kaby Lake i7-7700K .
今現在、ゲーマーの90%以上が1080p以下の解像度でゲームを動作させていると言えますが、
妥協のないゲームのために最高のCPUを選ぶ必要がある場合は、インテルKaby Lake i7-7700Kしかないでしょう 。



ただ、ゲームをしながらエンコードや動画の編集、写真の編集なんかも同時に行ってしまう変態スペシャリストの方は
マルチコアの恩恵を享受できると思いますので、大いにアリだと思います。
マルチコアが使えるソフトウェアだと、現在13万円超する6900Kと同等以上の性能を発揮できますし
ゲームはやらないけど製作環境で使うよ!という方は超絶コスパの新世代CPUとして大活躍するはずです。

以上のことから、エンコードや写真編集、3DCADなどをやる方にはオススメですが
ゲーム向けではないという結論に至りました。

RYZEN搭載のBTOパソコンはパソコン工房、ドスパラで販売していますので気になる方は是非チェックしてみてくださいね。
現在のゲーム向けCPUでベストバイと言われているi7-7700K搭載のBTOパソコンは、色々なBTOパソコンメーカーで販売されています。
BTOパソコンメーカーの価格比較なら、こちらのまとめ記事もご一緒にお読み頂ければ幸いです。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
【2017年】最新版!BTOパソコンショップ一覧表。20以上のBTOパソコンショップを一目で比較できます。現在、様々なBTOパソコンショップがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいると思います。そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングPC、RAW現像用パソコン、ハイスペックパソコンをお求めの方少しでも参考になりました...

当ブログの人気記事

GTX1080Tiの発売が決定!

TITAN Xより高速!GTX1080Tiの発売が発表!


日本時間2017年3月1日12時にnVidiaが自社イベントを開催したようです。
WEBでライブ配信なども行っていたようですが、その中でGTX1080Tiの情報が出たとのこと。

GTX1080ti1.jpg

先日記事にしたリーク情報と予想スペックですが、それを上回る性能だったようですね
CUDAコア数が3584とTITAN Xと同じに引き上げられていますし、メモリのスピードは11GbpsとTITAN Xの10Gbpsより早くなっています。


引用元:PC GamesN

日本円で19万円前後のTITAN Xを上回る部分もあり、性能比でいうとGTX1080の35%アップを見越しているのだとか…。
780→780Tiで15%アップ、980→980Tiで25%アップらしいので、そのあたりを見ても史上最高の「Ti」となりそうです。

ちなみにGTX1080とTITAN Xの性能差が30%くらいだそうで、本当に35%アップならスゴイことですね。
GTX1070とGTX1080なら25%くらいの性能差があるみたいです。(海外のベンチマークサイトを参照)

そんな凄まじい性能ながら、価格も699ドルで日本円にすると78,288円(今日の相場)と、性能から見て破格とも言える設定ですね。
実際にはどの程度の性能なのか、ベンチマークの情報が出回るのが楽しみです。

来週あたりから出回るようなので、ハイエンドPCを購入予定の方はもう少し様子見をしたほうがいいかもしれません


当ブログの人気記事

BTOショップ比較【最新版】はこちら↓
比較アイコン2
最新記事
人気記事一覧
ブログパーツ
最新コメント
プロフィール

TenCo

Author:TenCo
ゲーミング用PCの考察をしています
ただのゲーム&パソコン好き一般人です
消費者視点からのおすすめパソコンを
紹介できればと思っています

TERA:エリーヌ鯖
ToS:ガビヤ鯖

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報【全国】
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示