おすすめBTOパソコン
  1. Top

TSUKUMOの評判と詳細レビュー

TSUKUMOの評判とおすすめのBTOパソコン

TSUKUMOの評判

おすすめBTOパソコン本日のレビューはTSUKUMOの評判についてと、価格や品質についてなどの考察です。

結論から言うとTSUKUMOの評判は良いです。

特に最近ではASUS製のマザーボードを採用し、ケースや電源にもこだわっているため
品質面での評判や口コミも良くなっている印象です。

TSUKUMOはヤマダ電機傘下のBTOパソコンメーカーで、元々は九十九電機という会社が運営していました。
ヤマダ電機の100%子会社になった後もオリジナリティのあるBTOパソコンを作り続けています。

ゲーミングPCなどのハイスペックモデルも安く売っているためリピーターが多く
国内生産による徹底した品質管理をしているため品質面やサポート面の評判も良いです。

安さと品質で評判の良いTSUKUMO


ASUS製マザーボードやSeasonic電源が選べるBTOパソコンメーカー
G-GEAR
G-GEAR
販売元https://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/
おすすめタイプ品質重視 スペック重視 掘り出し物好き
おすすめ度ico_grade6_5.gif
価格の安さ
品質
カスタマイズ
性能の良さico_grade6_5.gif
出荷目安3営業日
ショップの特徴TSUKUMOはヤマダ電機グループのBTOパソコンメーカー。
SLI構成などのウルトラハイエンドPCまで取り扱いがある。
価格的にも安く、セール時は最安値になることも多い。

リピーターが支える老舗BTOパソコンメーカーTSUKUMO

TSUKUMOの評判


TSUKUMOはリピーターが多く、ユーザーからは信頼できるメーカーと評判が良いです。
知名度が低く、そこまで有名なBTOメーカーでないため口コミの数は少ないですが
接客やサポートも丁寧で好感が持てると好意的な意見が多く挙がっています。

価格的にも手ごろで、パソコン初心者やコスパ重視のPCユーザーにもおすすめ出来るメーカーですし
ASUS製マザーボードや高品質な電源もかんたんに選べるためパソコン初心者向けとも言われています。
口コミやレビューでも「悪評が少ないのが魅力」という声が挙がっています。

サポートに対する評判も良く、電話受付時間が短いことを除けば特に問題が無いBTOメーカーです。
土日祝日の電話サポートをやっていないメーカーが多い中、土日祝日も受け付けているためパソコン初心者でも安心できますね。

カスタムパーツは少ないですが、品質の良い人気パーツしか選べないため初心者でも買いやすいです。
取り扱いパーツについてもブランドがきちんと明記されているので選ぶ上での安心感もあります。
そういった部分から評判も良く、リピーターが多いBTOパソコンメーカーとなっています。

また、イード社が毎年開催しているゲームPCアワードでは6年連続ユーザー満足度No1に輝いています。

TSUKUMOの評判について掘り下げてみる

TSUKUMOの評判が良いところ

信頼ができる
サポート体制と接客の丁寧さから評判が良く、多くのリピーターを生む最大の要因となっています。
電話サポートは24時間対応ではないですが、土日祝もやっているので安心感があります。
そういった部分からパソコン初心者にもおすすめできるとの声が多く出ています。
パーツブランドが記載されている
格安BTOパソコンメーカーではパーツのブランドが記載されていないところが多いですが
TSUKUMOは追加パーツのメーカー名がきちんと記載されているため信頼できます。
人気の高品質パーツも選べるため評判も良いですね。
悪い口コミが少ない
TSUKUMOはリピーターが多く、悪い評価の口コミが少ないため信頼できると言われています。
ユーザー数が少ないことから酷評が目立たないということもありますが
製品に対する満足度が高くないとリピートしないと思いますので、ユーザーからの評価が高い証拠だと思います。

TSUKUMOの評判が良くないところ

×パーツ構成が悪い
昔は電源容量やケースの排熱設計、CPUクーラーの問題でハイエンドPCはやめたほうが良いと声が挙がっていました
最近は高品質な電源を選べるようになっていますし、CPUクーラーも性能が良いものが付けられます。
ケースも冷却性が向上し、モデルによっては自作erに人気のCM690Ⅲになっているため品質も良くなっています。
×配線が汚い
ケーブル類が団子状態になっているとの話が出ていましたが自分が実機を見た限りでは普通でした。
昔は配線が汚かったということでしょうか?最近見た限りでは特に他のBTOメーカーに比べて汚いとは感じません。
綺麗にまとめてるな!という感じでもないので可もなく不可もなくといったところです。
×延長保証が定額じゃない
大体どこのメーカーも1年保証が無料で、3年保証にすると上乗せ料金を取られますが
TSUKUMOは保証料金が定額ではなく本体価格によって引き上げられています。
ハイエンドPCを購入した場合、結構な出費になるので評判が良くないみたいですね。

TSUKUMOについての詳細

価格の安さ

コスト価格については評判が良いですね。
パソコン工房やマウスと競り合うくらい安くなっている製品もあります。

ASUS製マザーボードやCM690Ⅲなどの高品質パーツを使っているので
格安BTOメーカーに比べると高くなってしまうはずなのですが
逆に安くなっている時があります。

ただし全てのパソコンが安いわけではなく
価格設定にムラがあるため高いものも混ざっています。
高いものはかなり高いです。

パーツの構成を見ながら他社製品と比べてみると
とんでもない掘り出し物がありますので、そういった面白さがあるBTOパソコンメーカーですね。

【まとめ】 安いものはとことん安い。ただし高いものもある。

カスタマイズ

カスタマイズカスタマイズはほとんど出来ませんが、ケースファンをLEDにしたり
電源をSeasonicにしたり出来るのでマウスやパソコン工房よりは多少の幅があります。

ケースにCM690Ⅲが採用されているモデルの場合はクリアパネルにしたりも出来ますし
ちょい足しが出来るところはポイント高いです。

標準ケースの品質は可もなく不可もなくですが、G-GEARneoのケースはCM690Ⅲを採用しているため
冷却性が高く拡張性にも富んでいます。

また、HDDやSSDなどもメーカーが記載されているので
オプションで追加する場合も安心感があります。

【まとめ】 カスタマイズはほとんど出来ない。

 001.png

性能の良さ

コストエントリークラスからハイエンドクラスまで最新のパーツで取り揃えています。

特にハイエンドPCのラインナップが良く
ゲーミングPCの販売を得意としているBTOパソコンメーカーです。
  
SLI構成のウルトラハイエンドなど
普通のBTOメーカーでは購入できない性能のモデルもあるので
ゲーム用PCの品揃えは業界トップクラスと言えます。

TSUKUMOのゲーミングPCである「G-GEAR neo」は
6年連続でユーザー満足度No1を獲得しており
性能面は非常に優秀なBTOパソコンが揃っています。

【まとめ】 ゲーミングPCの取り扱いを得意とする性能重視のメーカー。


サポート

カスタマイズサポートに関しての評判は良いです。

電話サポートは11時~19時と対応時間が短いですが、
土日祝日も受付しているのが他社との違いですね。

パソコン初心者の方は設定やトラブルなどで困ることもあると思いますので、
こういったサポート体制があるメーカーは安心感があります。

保証については延長3年保証まで加入でき、工場に送付するかサポセンに持ち込みができます。

TSUKUMOサポートセンターはこちら

経年ごとに保証額が減るタイプのものが多いですが、
TSUKUMOは修理代金3年間無料と書いてありますので安心ですね。
【まとめ】サポートの評判は良い。修理保証も充実。

TSUKUMOのおすすめBTOパソコンと他メーカーの価格比較

アッパーミドルクラス

G-GEARシリーズをアッパーミドルにカスタマイズしたBTOパソコン
G-GEAR
G-GEARシリーズ
製品URLG-GEAR GA7J-D180
マザーボードASUS PRIME H370-A
CPUcore i7-8700
GPUGTX1060[6GB]
RAM16GB  DDR4-2666
HDD2TB   7200rpm[64MB]
SSD240GB GREEN
ケースG-GEAR オリジナル
電源550W  Corsair  TX550W  GOLD
TSUKUMOGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥158,868(税込)¥185,455(税込)¥190,480(税込)¥189,660(税込)¥190,728(税込)

TSUKUMOのBTOパソコンと他メーカーのBTOパソコンを価格比較してみました。

同じ性能になるよう各社のBTOパソコンをカスタマイズして比較しています。

TSUKUMOは特徴である高品質パーツを組み込んでおり、
他の格安BTOメーカー各社はノーブランドのパーツで構成した比較結果になります。
G-TUNEとパソコン工房、FRONTIERはブランド指定が出来ないためこのままの価格になります。
ドスパラはTSUKUMOと同じく高品質なパーツも選べますが、価格差を見るためにノーブランドで構成しています。

ASUS製のマザーボードとCorsair製電源ユニットを組み込んでも一番安くなってしまいました。
こういった掘り出し物が見つかると嬉しくなりますね。

(2018年6月の価格を参考にしています)

ハイスペッククラス

G-GEAR neoをハイスペック構成にカスタマイズしたBTOパソコン
G-GEARneo
G-GEAR neoシリーズ
製品URLG-GEAR neo GX7J-B180
マザーボードASUS Z370 PlusGaming
CPUcore i7-8700K
GPUGTX1070Ti
RAM16GB  DDR4-2666
HDD2TB  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースCM690Ⅲ
電源650W  Seasonic SSR650 GOLD
TSUKUMOGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥237,384(税込)¥213,000(税込)¥217,490(税込)¥220,298(税込)¥232,639(税込)

G-TUNEやパソコン工房とちょっと価格差があります。
例によって他のメーカーはノーブランドのパーツで構成されています。
品質と安心感を取るか、コスパを取るかで悩むラインですね。

G-GEAR neoシリーズのケースはCM690Ⅲになので冷却性や拡張性が抜群に高いです。
電源も高品質なSeasonic製にしてみましたが、他メーカーとの価格差がそこまで開きませんでした。
マザーボードとケース、電源にどこまで比重を置くかで評価が変わりますが
品質面は他メーカーより優れていますのでお買い得ではあります。

ハイエンドクラス

G-GEAR neoをハイエンド構成にカスタマイズしたBTOパソコン
G-GEARneo
G-GEAR neoシリーズ
製品URLG-GEAR neo GX7J-B180
マザーボードASUS Z370 PlusGaming
CPUcore i7-8700K
GPUGTX1080Ti
RAM16GB  DDR4-2666 
HDD3TB  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースCM690Ⅲ
電源750W  Seasonic SSR750  Gold
TSUKUMOGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥287,804(税込)¥289,210(税込)¥292,310(税込)¥291,102(税込)¥285,768(税込)

例によって他のメーカーはノーブランドパーツで構成されています。
ハイエンドクラスは価格的にも横並びといったところですね。

TSUKUMOはASUS製のマザーボードとCM690Ⅲ、加えてSeasonicのGOLD電源を選んでみましたが
他メーカーに比べて価格差がなくお得感が際立ちます。

GPUとメモリーがノーブランドなので性能差は無いですが、マザーボードと電源の品質は断然TSUKUMOですね。
ケースの拡張性や冷却性もTSUKUMOに軍配が上がります。
6年連続でゲームPCアワードの最優秀賞を受賞しているのも納得できますね。
(2018年6月の価格を参考にしています)

TSUKUMOのラインナップを詳しく見てみる

G-GEAR NEO

TSUKUMOの評判
TSUKUMO BTOパソコン

TSUKUMO G-GEAR シリーズ

TSUKUMO G-GEARシリーズはデスクトップ向けのゲーミングモデルでハイスペック構成になっています。
ケースも冷却性が高いものを使用していますし、最新CPUとGPUを搭載しているため性能は抜群です。
電源もSeasonicやCorsairが選べるなどこだわり派にも嬉しいお得なBTOパソコンと言えます。
G-GEAR neoシリーズ
おすすめ度:
G-GEAR neoシリーズはTSUKUMO製BTOパソコンの中でフラッグシップを飾る最上位のモデルです。
性能面で困ることがないようなハイエンドパソコンに仕上がっています。
ケースも自作パソコンで鉄板の人気を誇るCM690Ⅲを採用していますし、冷却性や拡張性も素晴らしいです。
ゲームPCアワードのデスクトップPC部門で【6年連続 最優秀賞】を受賞した折り紙付きのハイエンドモデルです。
G-GEARシリーズ
おすすめ度:
G-GEARシリーズはゲーミングモデルの中核を担うハイスペックラインです。
冷却性の高いケースとASUS製マザーボードから来る信頼感が人気を呼び、リピーターを多く抱えています。
ゲームPCアワードの顧客満足度部門で【6年連続 最優秀賞】を受賞しているゲーマーに定評のあるBTOパソコンです。
G-GEAR miniシリーズ
おすすめ度:
G-GEAR miniシリーズはマイクロタワーケースで構成されたモデルで、価格が安めに設定されています。
マザーボードはAsRock製で、品質も平均的に高いですがSeasonicの電源が選べません。
置き場所に余裕があるならG-GEARかG-GEAR neoをおすすめしたいですね。
G-GEAR alphaシリーズ
おすすめ度:
G-GEAR alphaシリーズはコンパクトケースで構成されたモデルで、利点は小さい事くらいです。
特に安いわけでもなく性能が良いわけでもなく、冷却性や拡張性が死んでいます。
置き場所に余裕があるならG-GEARかG-GEAR neoをおすすめします。

デスクトップPCシリーズ

デスクトップPC
AeroStreamデスクトップPCシリーズは性能と価格のバランスに優れたモデルです。
ケースはゲーミングモデルと違いますが、フロントファンが付いており窒息ケースではありません。
選べるGPUやCPUの種類も豊富で、他社のデスクトップPCに比べて性能の調整がしやすくおすすめです。
intel タワーモデル
おすすめ度:
デスクトップ向けintelタワーモデルはエントリークラスからミドルクラスのコスパが優れています。
ハイスペックPCやハイエンドPCになるとゲーミングモデルのG-GEARの方が安くなりますので
予算が15万円以上ある方はG-GEARから探した方がコスパの良いBTOパソコンに出会えます。
intel ミニタワーモデル
おすすめ度:
デスクトップ向けintelミニタワーモデルはマザーボードやケースが小さめの省スペースモデルです。
価格が抑えられているので、予算7万円~13万円くらいの方に向けたBTOパソコンが得意になっています。
拡張性や冷却性、静音性に乏しいので個人的にはG-GEARの方がおすすめですね。

AMD CPUモデル
おすすめ度:
RYZEN3とRYZEN5のCPUから選べますが、CPUの変更ができません。
RYZENの中でも性能が低いCPUしか選べないので、軽作業やネットサーフィン向けのモデルです。
GPUやメモリを追加してもCPUが足を引っ張ってしまうため、ゲームやクリエイター向けではありません。

TSUKUMOの評判と詳細についてのまとめ

TSUKUMOの評判

TSUKUMO公式サイト

TSUKUMOは評判も良く、サポートも充実しているおすすめのBTOパソコンメーカーです。
価格設定に波があるので常時安いわけではないですが
安い時はとことん安いのでチェックしておくと思わぬ掘り出し物が見つかります。

品質面は平均以上に高く、フルカスタマイズ系のBTOパソコンメーカーには及びませんが
パッケージ型のBTOパソコンメーカーの中では良い方です。
価格的にも平均より高額というわけではないので、バランスが取れたコスパの良いメーカーと言えます。

修理保証面は充実していますしサポートの対応も評判が良いですが
電話対応が11:00~19:00と限られているので、パソコン初心者の方は少し買いづらいかもしれません。
ある程度のトラブルを自分で解決できる方は特に問題とならないでしょうし、
夜間にトラブルがあっても次の日まで待てるよ!という方におすすめです。

なにより、ゲームPCアワードでは6年連続最優秀賞と無双状態の評判なので
評判においてはとても良いメーカーと言えますし、安心しておすすめ出来ますね。


以上でTSUKUMOについての評判と詳細のまとめを終わります。
長文になってしまいましたが、ここまでお読みくださりありがとうございました。
他のBTOパソコンメーカーの詳細記事も最新版に更新中ですので、また遊びにきて頂ければ幸いです。


関連記事

おすすめのBTOパソコンショップ20社をまとめて比較!【2018】
20社以上のメーカーからおすすめ用途別にBTOパソコンメーカーを紹介しています。
BTOパソコンメーカーを安さ、性能、カスタマイズなどの項目別に比較していますので好みに合ったメーカーを探せます
この記事は定期的に更新し、最新の情報を記載しています。


当ブログの人気記事

Core i7-8086Kは史上最高のゲーミングCPU?

Core i7-8086Kの性能は?気になる限定モデル

8086K
icon

2018年6月8日、intel公式で初の動作周波数5GHzを実現した限定モデル
「Core i7-8086K Limited Edition」を発売しました。

8086Kはintelが初めて発売した16bitマイクロプロセッサ「intel8086」というCPUの発売40周年を記念したモデルで
期間・数量限定で販売されています。
価格は51000円前後と、8700Kより10000円ほど高くなっています。

Core i7-8086Kの性能比較

intel CPUゲームクリエイターコア・最大クロックシングルコア性能クアッドコア性能 マルチコア性能
i7-8086K 6c/12t(5.0GHz)1495741161
i7-8700K6c/12t(4.7GHz)1405371095
i7-87006c/12t(4.6GHz)1325261022
i5-8600K6c/6t(4.3GHz)130534775
i5-86006c/6t(4.3GHz)129501730
i7-3770K4c/8t(3.9GHz)107368542

ゲーム性能は史上最強?Core i7-8086Kの実力とは

core i7-8086Kは6コア12スレッドのCPUで、動作クロックが高いためゲーミングCPUとして優れた性能を持っています。
1コアあたりの動作周波数(クロック数)が高いほどゲームでの処理能力が上がるので
5.0GHzという破格のクロック数を持つi7-8086Kは史上最強のゲーミングCPUと言われています。

コア数が増えるにつれて総合処理能力も向上していくのですが、ゲームにおいては1コアしか使わないものが多く
マルチスレッド対応の最新ゲームでも環境がDX11以下ならばほとんどのゲームが4コアまでしか使いません。
DX12でも多くが6コア~8コアくらいまでの対応になっています。

詳しくはこちらの記事で解説しています。
関連記事

【最新版】すぐわかるCPUの選び方!
最新CPUの性能比較から選び方まで細かく解説しています。
パソコン初心者の方でも楽しんでBTOパソコンが選べるように作った記事です。

Core i7-8086Kは買い?8700Kとの性能差は?

ベンチマーク上では8700Kを上回るスペックを見せていますが、
今のところ体感できるほどの差はないでしょうね…。

コスパを考慮して買いかどうかで判断するなら「買いではない」と思います。

8700Kからの買い替えはほぼ性能差がないので自己満足の世界で終わるかと思いますが
古いCPUからの買い替えなら十分価値はあります。

それに現在は8086Kに対応しているBIOSが無いようなので、今後BIOSのアップデートで性能差が顕著に出てくるかもしれません。

また、CPUの性能比重が高いゲームでは8700Kよりfpsが向上するようですし
FF14や黒い砂漠なんかでは8700Kに比べて平均fpsが5~7%くらい高くなるようです。
ちょうどゲーム用のハイエンドPCの購入を検討しているユーザーにはお得なCPUですね。
ゲーム用CPUとしてみるなら「買い」です。

core i7-8086Kを取り扱っているBTOパソコンショップ一覧

SEVEN
SEVEN8086.jpg

販売ページURL:https://pc-seven.co.jp/

数量限定ですが、通常のカスタマイズ項目からcore i7-8086Kが選べます。
さすがSEVENと言いたいところですが…追加費用が少々お高いですね。
8700からの付け替えで+28400円は高すぎます。

G-TUNE
gtune8086.jpg

販売ページURL:https://www.g-tune.jp/desktop/masterpiece2_z370/icon

G-TUNEはカスタマイズでの変更が出来ず、MASTERPIECEシリーズのプラチナモデルのみ8086Kが搭載されています。
通常ラインナップの製品からもカスタマイズ出来るようにしてほしかったですね。
G-TUNEは好きなBTOメーカーですが、8086Kを手に入れようとすると最低価格37万円からになるので個人的におすすめしません。

パソコン工房
パソコン工房8086

販売ページURL:https://www.pc-koubou.jp/pc/intel_40th
icon

パソコン工房も同じく通常製品からのカスタマイズが出来ず、8086K搭載のシリーズのみ購入できます。
ただ、G-TUNEに比べて価格展開も3種類あり、最低価格17万円のアッパーミドルクラスから選べますし
GTX1080Tiのハイエンド構成でも26万円から販売しているのでかなり安く買えると思います。

フロンティア
フロンティア8086

販売ページURL:http://www.frontier-direct.jp/sp/sale/

Core i7-8086Kを搭載したBTOパソコンを期間限定セールで販売しています。
台数限定だけあって他メーカーに比べて圧倒的に安いですね。
むしろ他メーカーの8700K+GTX1080より安い価格設定になっているので超お得です。

サイコム
サイコム8086

販売ページURL:https://www.sycom.co.jp/special/20180608/i7_8086k.html

数量限定ですが、通常製品からカスタマイズで8086Kに変更できます。
追加価格も8700K→8086Kで6000円程度と、手数料すら取らないスタイルにしびれますね。
8700Kと8086Kの価格差が11000円くらいあるので、めちゃくちゃお得です。

Core i7-8086Kの評価まとめ

Core i7-8086Kはintel史上最高の動作クロック周波数を持ち、ゲーム用CPUとしてみるなら過去最速のモデルです。
限定販売ながらそれなりの数も出しているため、まだプレミア価格もついておらず比較的買いやすいCPUだと言えます。

コスパを考慮してしまうと8700Kの方がお得感があるため、少しコアなユーザーに向けたCPUかもしれません。
8700Kから8086Kに切り替えても性能差は体感できるほど上がらないでしょうし。

しかし現在パソコンの買い替えを検討しているユーザーにとっては大変面白みのあるCPUになっています。
性能としては史上最強と言われるCPUですので、後悔することもないでしょう。

個人的な評価としてまとめさせて頂くと
  • 8700Kや8700、8600Kなど新しいCPUから買い替えるほどではない
  • 古いPCからの買い替えを検討しているユーザー向け
  • ゲーム用ハイエンドPCを探しているユーザーなら満足度の高いCPUになる
以上でCore i7-8086Kの評価まとめを終わります。
ここまでお読みくださりありがとうございました。
CPUを自由に選べるBTOショップはこちらの一覧表から探せます
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
【2018年】最新版!おすすめBTOパソコンショップ一覧表。20以上のBTOパソコンショップを一目で比較できます。現在、様々なBTOパソコンショップがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいると思います。そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングPC、RAW現像用パソコン、ハイスペックパソコンをお求めの方少しでも参考になりました...



当ブログの人気記事

STORMの評判と実際に使ってみた感想

STORMの評判と詳細をまとめてみた

STORMイメージ

STORMの評判について

STORMの評判
が目立たないのは話題に挙がるほど売れてからないでしょうね…

評判自体は悪くなく、古くからある老舗BTOパソコンメーカーなのでリピーターも多いです。
配線や品質に関する評判も良いので、しっかりとしたPCを購入したい方に人気です。
実際に自分が購入したSTORMのBTOパソコンも配線がキレイでしたし、早期に壊れることはなかったです。
友人の代理購入も含めてSTORMで4台ほど購入した経験があるのですが、なかなかオススメのBTO PCショップです。

つい最近までフルカスタマイズ系のBTOパソコンが売りだったのですが
現在はフルカスタマイズ系ではなくパッケージ型の製品販売に方向転換されたようです。
選べるパーツの種類がガクっと減りましたが、価格もマウスコンピューターやドスパラに匹敵するほど安くなりました。

おすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた記事はこちら
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
【2018年】最新版!BTOパソコンショップ一覧表。20以上のBTOパソコンショップを一目で比較できます。現在、様々なBTOパソコンショップがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいると思います。そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングPC、RAW現像用パソコン、ハイスペックパソコンをお求めの方少しでも参考になりました...

STORMは高品質なケースが選べるカスタムBTOパソコンメーカー


多くの法人に納入している本格派のSTORM
STORMの評判
Storm Excalibur Series
販売元URLhttp://www.stormst.com/
おすすめタイプケース好き  静音重視  コスパ重視
おすすめ度ico_grade6_5.gif
品質ico_grade6_5.gif
価格の安さico_grade6_5.gif
カスタマイズico_grade6_3.gif
性能の良さico_grade6_5.gif
納期目安最短 4営業日
ショップの特徴有名大学や一流企業への納入実績も多数ある本格派BTOショップ
ブランドの指定はできないが、高品質パーツで組んだハイスペックPCが売り
ドスパラやマウスに並ぶほど価格が安く、コスパは抜群。


STORMは評判が良い?職人気質なBTOパソコンメーカー

STORMの評判は?

STORMについての評判は良く、品質やカスタマイズの豊富さが好評の老舗BTOパソコンメーカーです。
品質や配線のキレイさ、サポートの良さに対しての評判は変わらないようですが
ここ最近でカスタマイズの幅を大きく縮小させたので、カスタマイズの高さに関する評判は当てはまりません。

STORMはフルカスタマイズ系BTOメーカーでしたが、ここ最近で大きく方向転換をしました。
当ブログをはじめ、多くのブログさんサイトさんで「カスタマイズの自由度が高い」と紹介されていますが
今はほとんどカスタマイズできないBTOになっています。

パーツブランドも選べなくなってしまいカスタマイズ項目に型番も記載されていません。
これはG-TUNE(マウスコンピューター)やパソコン工房、FRONTIERと同じ路線ですが
元フルカスタマイズ系BTOのSTORMは一味違い、しっかりと人気の高品質パーツで組まれています。
この辺りは格安メーカーと一線を画すものがありますね。

特に他社では取り扱っていないタイプの珍しいケースが選べるので、
マウスコンピューターやパソコン工房と同じような値段で本格的なカスタムBTOパソコンが手に入るという
なんとも面白い路線のメーカーになりました。

以前とは違い、今のSTORMはコスパの良さと安さで評判が良いメーカーです。

STORMの評判について掘り下げてみる

STORMの評判が良いところ

とにかくサポートが丁寧
STORMはサポートに対する評判が良く、これに関しては私も経験していますが同意できます。
電話サポートも窓口の方が親切ですし、たらいまわしにされることも無く解決するまでちゃんと付き合ってくれました。
修理に関しても評判が良いみたいなので、その辺りを気にする方も安心できるメーカーです。
コスパが良い
STORMは高品質高価格の路線でしたが、最近大きく路線を変えたようで、価格設定を大幅に下げてきました。
ブランドや型番の指定はできなくなってしまいましたが、人気のあるメジャーブランドのパーツで組まれており
格安BTOメーカーと同じような価格で高品質なBTOパソコンが買えると評判です。
納入先が地味にすごい
STORMはスクエニやマイクロソフト、コニカミノルタなど法人への納入実績がすごいですね。
他にも東大や京大、慶応大学など学校法人へも納入している老舗メーカーなので
そういった部分で「見直した」「安心感がある」と評判が良いです。

STORMの評判が良くないところ

×メールの反応が遅い
メール問い合わせの反応が遅いみたいで、2~3日待たないと返ってこないとの声が挙がっています。
小さいメーカーなので仕方ないですけど急ぎの時は困りますよね。
私は電話してしまうタイプなのですが、電話ならすぐに繋がりました。
×価格が高い
STORMはカスタマイズの自由度が高い半面、価格に対する評判がよくなかったです。
今はカスタマイズを犠牲に大幅な値下げをしてきましたのでコスパ抜群です。
コスパだけで考えたら個人的におすすめ度No1ですね。
×パーツが細かく選べなくなった
フルカスタマイズ系からの思い切った方向転換でブランドが選べなくなりました。
かつてのSTORMユーザーからすると物足りないと感じるようで、不満の声も挙がっています。
コスパに対する評判が良くなった分、トレードオフされた様子です。

STORMの詳細を掘り下げてみる

価格の安さ

コスト取り扱っているパーツの値段は比較的安価で、良心的な価格設定です
とくにケースは高品質なものが安く付け替えられますし品質に対するコスパは優れています

価格設定も格安BTOパソコンメーカーに匹敵するほど安く
時には最安値になっていることもあります。

付け替え自体も安く設定されているのでその辺りも嬉しいですね
多少の手間賃や手数料の上乗せはどこのショップもあると思いますが
相場を無視してめちゃくちゃボッタくるBTOショップもありますので…
STORMは比較的安い値段で付け変えられるので好感が持てますね
    
使用しているパーツも質が良く人気のメジャーブランドのものなので
コスパ重視の方にはかなりおすすめのBTOパソコンメーカーだと言えます。

【まとめ】 品質も加味するとコスパの良さは抜群
  

カスタマイズ

カスタマイズ昔に比べてカスタマイズできる項目は大幅に減ってしまいました。

ケースは冷却性や静音性に優れた製品が選べますので、ケースカスタマイズは格安メーカーと違います。

メモリや電源、マザーボードは選べなくなってしまいましたが
基本的にMSIやAsRock、Crucial、Antec、silverstoneといった人気のブランドで構成されています。

記載はないですがその時々で品質の良いパーツを組み込んでいるようで
このあたりはマウスやパソコン工房と一味違った工夫が出ていますね。

パーツを細かく指定したい方には向きませんが
「安くて高品質なパソコンが良い」というユーザーには
とてもおすすめのBTOパソコンメーカーになっています。

【まとめ】 カスタマイズはほとんど出来ないがパーツは良いものを使っている
 
JONSBO U4【アルミ製静音ケース】TG5-RED【強化ガラス静音ケース】BLACKFISH【吸音シート付静音ケース】
storm2STORMの評判storm


性能の良さ


コストパーツの入れ替えは早いので常に最新の高性能モデルが揃っています。

メーカーによってはハイスペックPCを謳いながら少し古いパーツを混ぜていたりすることもあるので
STORMはその辺りも信頼が置けるメーカーです。

ハイエンドCPU・GPUを使った製品も多数取り扱っているので、性能の良さは心配無用ですね。
SLI構成のウルトラハイエンドPCは販売していませんが、
エントリークラスからミドルクラスも構成のバランスが良く
同価格帯の他社製品に比べて性能が良いです。
ハイスペックPCだけではなく、軽作業用のPCを求めている方にもおすすめできます。

SSDやメモリ、電源など細かい部分も最新の性能と品質が良いパーツを組み込んでいますので
性能だけではなく安定感と品質を求めるユーザーにもおすすめです。  

【まとめ】 エントリークラスからハイエンドまで性能のバランスが良い


サポート


カスタマイズSTORMの電話応対はかなり丁寧で好感が持てます

以前、急な入用でかなり無茶な注文をしてしまったのですが、
電話にて期限に間に合うかどうか伺ったところ、
担当さんが即座に細かいパーツの在庫確認をしてくれまして、
通話しながら間に合いそうな構成にその場で変えるという
臨機応変かつ素晴らしいご対応のおかげで、無事間に合わせることが出来ました

さらに特急料金での注文予定だったのですが
「これでしたら通常料金でも間に合いますので、特急料金は頂きません」
と良心的すぎるSTORMの電話サポートに驚愕と感動の嵐。素晴らしいサポートです。

修理対応については、身内のSTORM製品が早期に壊れた事が無いので実体験はできていません
ネットの評判を見てもまともな方じゃないでしょうか
ただ、チェーン展開している大企業じゃないので修理の対応は遅くなりそうです



 【まとめ】 電話サポートは素晴らしいの一言!ただし修理が発生した場合は時間がかかりそう



STORMのおすすめBTOパソコンと格安メーカーの価格比較

エントリークラス

スタンダードPCシリーズをエントリークラスにカスタマイズしたBTOパソコン
stormの評判 
スタンダードPCシリーズ
製品URLStorm Metaphor i5H370
マザーボードH370
CPUcore i5-8400
GPUintel UHD630(オンボード)
RAM8GB  DDR4-2400
HDD1TB   7200rpm[64MB]
SSD360GB  
ケースSAMA  BLACKFISH
電源750W  GOLD
STORMマウスコンピューターパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥91,098(税込)¥103,896(税込)¥97,150(税込)¥91,864(税込)¥105,728(税込)

STORMのBTOパソコンがどのくらい安くなったのか検証してみたいと思います。

同じ性能になるよう、格安メーカーのBTOパソコンをカスタマイズして比較してみました
G-TUNEはエントリークラスが無かったので代わりにマウスコンピューターを入れています。

STORMはブランドの指定が出来なくなりましたが、細かいパーツは人気の高品質パーツで組み上げています
対する格安メーカー諸君はノーブランドのパーツで構成されています。

結果として、コスパが良いと評判が立つのもうなづけます。
価格で見ても最安値ですし、パーツ品質を考慮したコスパで考えると圧倒的ですね。
(2018年6月の価格を参考にしています)

アッパーミドルクラス

スタンダードPCシリーズをアッパーミドルクラスにカスタマイズしたBTOパソコン
stormの評判 
スタンダードPCシリーズ
製品URLStorm Explode i7Z370G1060v3
マザーボードZ370
CPUcore i7-8700
GPUGTX1060 6GB
RAM16GB  DDR4-2400
HDD2TB  7200rpm[64MB]
SSD250GB
ケースSAMA BLACKFISH
電源750W   Gold
STORMGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥164,226(税込)¥176,589(税込)¥174,290(税込)¥180,298(税込)¥188,639(税込)

ここでも一番安くなってしまいました。

この価格帯になってくるとG-TUNEをはじめドスパラやパソコン工房、FRONTIERでも
それなりのケースになってきますが、個人的にはSAMA BlackFishの方がおすすめですね。

静音性の高いケースやGOLD電源と至れり尽くせりですし
例によって他社はノーブランドのパーツで構成されています。
FRONTIERだけはマザーボードがASUS固定)

STORMはブランドこそ指定できませんが、
基本的にASUSかMSI製のマザーボード、Crucialのメモリ、AntecかSilverStoneの電源なので
品質を鑑みるとコスパは圧倒的です。
というか安すぎますね。
(2018年6月の価格を参考にしています)

ハイスペッククラス

StormPowerGamerシリーズをハイスペックにカスタマイズしたBTOパソコン
storm評判 
スタンダードPCシリーズ
製品URLStorm Power Gamer i7Z370G1070
マザーボードZ370
CPUcore i7-8700K
GPUGTX1070
RAM16GB  DDR4-2400
HDD2TB  7200rpm[64MB]
SSD250GB
ケースSHARKOON TG5-BLUE
電源750W  Gold
STORMGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥197,478(税込)¥218,592(税込)¥200,834(税込)¥214,444(税込)¥206,989(税込)

*SHARKOONのTG5は光学ドライブ(DVDドライブBDドライブ)が内蔵できないので
このカスタマイズモデルは光学ドライブがついていないものになります。

ハイスペック構成でも一番安くなっています。
こうなってくるとSTORMのコスパの良さが際立ってきますね。

STORMはフルカスタマイズ系ではなくなってしまいましたが
これはこれで面白みのあるBTOパソコンメーカーになりました。

構成によってはG-TUNEやパソコン工房の方が安くなりますが
コスパ重視のユーザーにとって要チェックの対象になりそうです。

ハイエンドクラス

STORM Power GamerをハイエンドにカスタマイズしたBTOパソコン
STORMの評判
StormPowerGamerシリーズ
製品URLStorm Power Gamer i7Z370G1080Ti
マザーボードZ370
CPUcore i7-8700K
GPUGTX1080Ti
RAM16GB  DDR4-2400
HDD3TB   7200rpm[64MB]
SSD500GB  
ケースSHARKOON TG5-RED
電源750W   Gold
STORMGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥260,754(税込)¥289,210(税込)¥292,310(税込)¥291,102(税込)¥285,768(税込)

*こちらのケースは光学ドライブが搭載できないケースになりますので注意が必要です。
最近は光学ドライブが付いていないパソコンが増えてきましたねぇ…。

本題の価格比較ですが、ハイエンドクラスでも他社をぶっちぎって最安値になっています。

全ての製品が最安値というわけではないようですが、
組み合わせ次第では格安メーカーより安く購入できてしまうのがSTORMの魅力ですね。
メジャーブランドのパーツで組まれたBTOパソコンが格安BTOより安く購入できてしまうとは
STORM恐るべしです。
(2018年6月の価格を参考にしています)

STORMでおすすめのカスタマイズパーツ

ケース

CM690Ⅲ
CM690.jpg 
幅230mm 高さ507mm 奥行502mm

スタンダードPCシリーズのミドルタワーを選択するとCM690Ⅲが選べます。
冷却性と拡張性の高さから自作ユーザーにも評判の良い人気のケースです。
冷却性重視なのでファンの音が気になる方や、寝る時にPCをつけっぱなしにする方は注意ですが
フロントLEDファンと重厚な作りから来る存在感は抜群で、非常におすすめのケースです。

SHARKOON TG5
STORMの評判  
幅220mm 高さ465mm 奥行452mm

ゲーミングPCシリーズのLEDファン搭載モデルから選択できます。
強化ガラスの質感が評判のケースで、フロント3連LEDファンの存在感がすごいです。
普通のデスクトップパソコンとは違った方向性のケースなので、LED好きな人にはたまらないデザインです。
冷却性、静音性、拡張性、高級感があるコスパの良いケースなのでおすすめです。
SAMA BlackFish
STORMの評判  
幅233mm 高さ466mm 奥行530mm

スタンダードPCシリーズ静音モデル、ゲーミングPCシリーズ静音モデルから選べます。
内部に吸音シートを採用している高い静音性が特徴のケースです。
フロントに入ったライン型のブルーLEDがおしゃれで個人的に見た目が好き。
ファンコントローラーが付いているので冷却性重視、静音重視と場面で使い分けできるおすすめケースです。
FractalDesign DefineR5
STORM評判
幅232mm 高さ462mm 奥行531mm

スタンダードPCシリーズ静音モデル、ゲーミングPCシリーズ静音モデルから選べます。
言わずと知れた超人気ケースで、自作パソコンにもめちゃくちゃ使われています。
本来はおすすめの定番ケースなんですが、なぜか追加費用がべらぼうに高いのでおすすめしません。
DefineR5とSAMA BlackFishはほとんど同じ値段のケースなのですが、変更に+12000円かかります。

とりあえずR5でSAMABlackfishから+12000円はありえないので注意してよく読んでください
R6なら妥当だと思いますけど。

STORMの評判と詳細についてのまとめ

STORMラインナップ

STORM公式サイト

ある程度パソコンの知識があり、カスタマイズを有効活用できる方にオススメ
とくに品質やブランドに拘らない方はドスパラやマウスコンピューターのが安いので
このショップで買う利点が見られません

電源、メモリ、マザーボード、CPUグリスやクーラーと選べる項目も多く
より自作に近づけたオーダーメイドパソコンが手に入るというのが利点でしょうか
私はフルカスタム系のBTOパソコンが欲しくなった時に利用しています。

STORMは安さ重視の方にはあまり向きませんが
量販製品を逸脱した高品質なパソコンを買いたい方にお薦めできる
BTOパソコンショップだと思います


【2018年6月10日修正】

最近のSTORMはカスタマイズの幅を縮小させて、価格をぐっと抑えてきています。

ブランドの指定はできませんが、MSIやAsRockのマザーボード、Crucialのメモリ
Antec、Silverstoneの電源と構成はフルカスタマイズ系メーカーと同じく
品質の良いメジャーブランドで構成されています。

保証が受けられるようパーツの空箱も送ってくれるので、その辺りがSTORMと格安メーカーとの違いですね。
ただしパソコンの箱と大量の空箱が同時に送られてきますのでとてつもない量になります。

サポートも評判が良いですし、実際に購入した私も同意見です。
購入後は特に困ることがなかったのでサポートを利用することはありませんでしたが
電話サポートの受付時間10時~18時(土日祝日除く)と短いので、
ある程度のトラブルを自己解決できる方におすすめしたいメーカーです。

そのあたりが気にならなければ、人気のメジャーブランドを使っているにもかかわらず
マウスコンピューターやパソコン工房と変わらない値段で購入できるため
とてもコスパの良いBTOパソコンメーカーになりました。

ブランドを指定までするほどじゃないけど、出来れば出所不明のノーブランドより
ちゃんとしたメジャーブランドのパーツで構成されたBTOパソコンが良いという方におすすめです。
  • パーツブランドの指定が出来るフルカスタマイズ系BTO→価格が高くなる
  • ノーブランドで組まれた格安BTOパソコン→価格が安い
  • 選べないけどメジャーブランドの人気パーツで組まれたSTORM→格安メーカーと同価格
こんな感じの構図になっています。
STORMは銘柄が選べない分、とてつもなくお得な値段になっています。

ある種、福袋的な面白さはありますが、ブランドの好き嫌いがある方にはおすすめできませんね。
とくにブランドにこだわりがなく品質が良ければいいと言う方にとっては最高のBTOパソコンショップかもしれません。

関連記事

おすすめのBTOパソコンショップ20社をまとめて比較!【2018】
SEVEN、サイコム、VSPECなどのフルカスタマイズ系マイナーメーカーから有名BTOパソコンメーカーまで幅広く紹介
BTOパソコンメーカーを安さ、性能、カスタマイズの自由度などの項目別に比較していますので好みに合ったメーカーを探せます
この記事は定期的に更新し、最新の情報を記載しています。



当ブログの人気記事

【最新版!】パソコンショップSEVENの評判と口コミをまとめてみた

パソコンショップSEVENの評判と口コミをまとめてみた

SEVEN評判

パソコンショップSEVENの評判について

SEVENはコスパに対する評判が良く、近年人気急上昇中のBTOパソコンメーカーです。

フルカスタマイズ系のBTOパソコンメーカーながら良心的な価格設定になっており
高品質な人気パーツが安く選べる事から評判の良さに繋がっているようです。

そんなパソコンショップSEVENを考察し、気になる評判や口コミをまとめてみたいと思います。

オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングパソコンをお探しの方
RAW現像用パソコンや動画エンコード、動画作成などハイスペックパソコンをお求めの方のお役に立てましたら幸いです

おすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた記事はこちら
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
【2018年】最新版!BTOパソコンショップ一覧表。20以上のBTOパソコンショップを一目で比較できます。現在、様々なBTOパソコンショップがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいると思います。そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングPC、RAW現像用パソコン、ハイスペックパソコンをお求めの方少しでも参考になりました...

フルカスタムBTOパソコンが安い!気になるSEVENの評判は?


フルカスタム系BTOパソコンなのに低価格!こだわり派にも人気の老舗メーカー
SEVENの評判用
SR-ii7 Series
販売元URLhttp://pc-seven.jp/
おすすめタイプこだわり派 品質重視 コスパ重視
おすすめ度ico_grade6_5.gif
品質ico_grade6_5.gif
価格の安さico_grade6_4.gif
カスタマイズico_grade6_5.gif
性能の良さico_grade6_5.gif
出荷目安最短 当日出荷
ショップの特徴ケースとパーツの品揃えが豊富で、値段も驚くほど安い
人気の高品質パーツを取り揃えているため
手頃な価格でにフルカスタマイズPCが買えると評判
こだわり派からコスパ重視の方まで幅広い層に人気があるショップ


カスタマイズの自由度が高く評判が良い?コスパも抜群なBTOパソコンメーカー

SEVEN評判

パソコンショップSEVENはフルカスタマイズ系BTOパソコンショップでありながら
格安BTOメーカーと比べても遜色がないほど安くオーダーできるためコスパに対する評判が良いです。
フルカスタマイズ系BTOパソコンならサイコムが有名ですが、サイコムと比べてもかなり安くなっています。

高級なパーツでカスタマイズしてしまうとマウスやドスパラより高くなってしまいますが
名門ブランドのパーツを惜しみなく使ってもかなり安めに組みあがるので評判が良く
口コミやレビューでも「コスパが良い」という声が多く挙がっています。

サポートや電話対応に対する評判も上々で、修理の対応もきちんとしています。
パーツの空箱も送られてきますので、箱管理が大変なのでそれはウィークポイントになりますが
パーツの出所がちゃんとわかるのでそこも評判が良いポイントです。

また、自作代行と呼ばれるほどカスタマイズの自由度が高く、取り扱いパーツも充実しています。
GPUやメモリは取り扱いメーカーが少ないので不満の声も挙がっていますが、人気メーカーはしっかり選べます。
ケースやCPUクーラー、電源などは取り扱いメーカーも豊富で他社とは一味違ったカスタマイズが楽しめます。
カスタマイズパーツの料金も安めに設定されていることも評判の良さに繋がっているようです。

パソコンショップSEVENの評判について掘り下げてみる

SEVENの評判が良いところ

とにかくコスパが良い
SEVENはコスパに対する評判が良く、Twitterやネット上の口コミでも好意的な意見が多く見られます。
パーツブランドを無視した構成で比べると格安BTOメーカーの方が安くなりますが
定期的に開催されるセールでは最安値と競り合うような価格設定になるためコスパ抜群との声が挙がっています。
人気のパーツが安く選べる
格安BTOパソコンメーカーではパーツを大量に仕入れるためブランドや型番の指定は出来ませんが
SEVENは自作erにも人気の高品質なパーツを豊富に取り揃えており、価格設定も良心的だと評判です。
フルカスタマイズ系のBTOパソコンショップは高いところが多いですが、SEVENはとにかく安いですね。

サポートのレスポンスが良い
SEVENのサポートは評判が良く、修理対応もレスポンスが早いと言われています。
比較的クレームが出やすいと言える修理や初期不良に対してもしっかりと対応しており
格安メーカーに比べて少々割高でも総合的な満足度は高いとの評判です。

SEVENの評判が良くないところ

×価格が高い
自作erにも人気のある高品質なパーツで構成されているため格安BTOメーカーに比べて価格設定が高くなっています。
相対的なコスパで考えるか価格の絶対値として考えるかによって安さに対する評価が変わりますので
パーツブランドやケースにこだわりがあるのかどうかによっても見方が違うようです。
×パソコン初心者にはおすすめできない
カスタマイズの自由度が高く、パーツの選び方で迷ってしまうことが多いです。
サポートの受付時間も10時~17時と短いので、ある程度知識があり問題を自分で解決できる方向けです。
そういった事からパソコン初心者にはおすすめ出来ないとの声が挙がっています。
×GPUが細かく選べない
GPUは人気のメーカーしか取り扱いがないため評判がよくありません。
主にASUS製のGPUを仕入れているようなのでASUSかブランド指定しないで買うかになります。
サイコムはMSIなども選べることから、不満の声が挙がっている事があります

パソコンショップSEVENについての詳細

価格の安さ

コストSEVENはフルカスタム系BTOパソコンメーカーの中でも
最安値と言っていいほど価格設定が安く、気軽にフルカスタムBTOが作れると評判です

同じくフルカスタム系のSTORMやサイコム、VSPECと比べても大幅に安くなっていることもあり
先ずはSEVENで見積もりを出してから他店と比べると良い指標となるので
私は先ずSEVENで値段を見てから他店を回っていきます。

また、基本となるラインナップもかなり安めに設定されており
時にはマウスコンピューター(G-TUNE)やドスパラ、パソコン工房を凌ぐ安さになることも。
パーツ構成をカスタマイズしない初心者の方でも、一度チェックしておいて損はないショップです

時期に合わせて割引キャンペーンもやっていますし、BTOパソコンを安く買いたい方も
先ずはチェックすべきショップだと言えます。


パソコンショップSEVENの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 良心的なお値段でサービスも良く、配送についての連絡を細かく頂けるのも嬉しかったです。
 〇 
価格を調べてSEVENで買いました。
 〇 
安さを調べてSEVENで購入しました。とても早いPCの出荷本当に有り難うございました。
 〇 価格を見てSEVENで購入しました。迅速な対応どうも有り難うございました。



カスタマイズ価格について、SEVENの評判はかなり良いですし、実際にラインナップを見ても本当に安いです。
ただ、一見安く見える製品でも細かいパーツのグレードが落とされていますので初心者の方は注意。
特にマザーボードの種類やSSDの有無など。この辺りを良くチェックしながら他店と比較してみることをオススメします。

  

カスタマイズ

カスタマイズフルカスタマイズ系だけあって選べるパーツの種類は豊富です。

知識があってパーツを好みで選ぶ方には非常にオススメですが、
パソコン初心者だと混乱してしまうかもしれません。
ケースやパーツのブランドにこだわりが無い方は他にもっと安いメーカーがあるので
そちらをチェックしたほうがお得に買えることもあります。

ケースは人気のCM690が選べたり、ハイクラスケースも選択できるので、
こだわり出すと予算オーバーします本格的なフルカスタムBTOパソコンが構成できます。

CPUクーラーやマザーボードの取り扱いも多いですし、電源も質が良いものが揃っています
このあたりを踏まえるとカスタマイズ性は抜群で
フルカスタム系BTOならではの楽しみ方ができる良いメーカーだと思います。

BitFenix ENSOASUS Z370 gaming
SEVENケースZ270asus.jpg
パソコンショップSEVENの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 裏への配線がきれいにしてあってよかったです。良いパソコンを製造する優良ショップです。  
 〇 
PC好きの知合いの奨めでこちらのショップを選びました。高い品質のPCを制作する優秀な店でした。 
 〇 
ひさびさの再注文です。クオリティの高いパソコンを制作しているおすすめのBTOショップです。
 ✕ 組立ての質は及第点と感じました。



カスタマイズカスタマイズや品質についても、SEVENの評判は良いですね。
フルカスタマイズ系だけあって兎に角選べるパーツの種類が多いのが特徴です。
組立ては及第点と言われていますが、フルカスタム系BTOを利用するコアユーザーの中には自作erもいますし、
そういった中での及第点っていうのは逆に褒めるポイントかもしれません。

性能の良さ

コスト価格は安いですが性能的には申し分ないラインナップですね。
フルカスタム系なのでラインナップの種類が多く、初心者の方だと探しづらいかもしれません…。

豊富なラインナップの中から探すのが大変ですが
目的に合わせた性能にぴったりとマッチした構成にできるのが魅力でしょうか

GPUが搭載されていないモデルもありますし、好みに寄せた設定もできます

SLI構成のウルトラハイエンドも取り扱っていますし、
パーツ構成の回転が速く、常に最新のCPUとGPUで製品が組まれています。

最新CPUやGPUが発売されても、しばらく古いCPUやGPUのまま「ハイエンド」として
売り続けるメーカーもありますからね
そのあたりの対処は早く、常に最新モデルが買える優良メーカーだと思います。

パソコンショップSEVENの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 手に入れたデスクトップの優秀さに感動しています。
 〇 昔のAMD CPUからの乗換えで最新マシンの早さに感動です。 
 〇 旧式のパソコンで使い続けてきておりましたが、最新マシンの優秀さに満足です。
 ✕ GPUのメーカーも選べたら良かった。



カスタマイズ性能についても、SEVENの評判は良いです。
取り扱っているパーツは最新のものですし、CPUやGPUはエントリーモデルからハイエンドまで一通りそろっています
GPUのメーカーはMSIやASUSなど一部選べますが、種類は少ないですね
そのあたりはSTORMやサイコムに軍配が上がります

サポート

カスタマイズ 口コミでも評判が良く、カスタマーサポートは丁寧で好感が持てます。
電話窓口があるので、トラブル時のサポートも安心なのが大きいところですね。
  
メールでの問い合わせしかないBTOパソコンメーカーもあるので、この辺りは良心的と言えます

また、内部の配線処理がしっかりしていることと、パーツの空箱も送ってくれますし
こだわり派でも納得のBTOパソコンメーカーだと思います。

サポートに関する口コミは非常に評価が高いのですが、電話サポートの受付時間がネックです

営業時間が10時~17時なため、急なトラブルへの対処で困ることがあるかもしれません
この辺りは24時間電話サポートやLINEサポートがあるG-TUNEのが安心ですが
ある程度の知識があり、自己解決できてしまう方なら何の問題もないと言えます。


パソコンショップSEVENの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 サポートの返事が丁寧でした。大変気にいりました。
 〇 電話応対が感じが良く大変気に入りました。お世話になりました。
 〇 サポート返事も親切で気に入りました。クオリティの高いBTOパソコンを販売する優良なBTOショップでした。
 ✕ 購入後のサポートについては現状不明です。

カスタマイズサポート体制についてSEVENの評判は良いですが、電話サポートの受付時間が少々問題ですね
10時~17時の受付になっているので、急なトラブルがあった時に対処が遅くなるかもしれません。
この辺りを気にしない方、もしくは自己解決できてしまう方なら問題にならないでしょう。

パソコンショップSEVENと格安メーカーの価格比較

アッパーミドルクラス

SR-ii7シリーズをアッパーミドルにカスタマイズしたBTOパソコン
SEVENの評判コスパ
SR-ii7シリーズ
製品URLSR-ii7
マザーボードAsRock Z370 pro4
CPUcore i7-8700
GPUASUS  STRIX  GTX1060[6GB]
RAM16GB  Crucial DDR4-2666
HDD2TB  Seagate  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースサイズ SIRIUS
電源600W Thermaltake TR2V2 Gold
SEVENGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥197,574(税込)¥185,455(税込)¥190,480(税込)¥189,660(税込)¥190,728(税込)

SEVENのBTOパソコンは格安メーカーに比べて価格が高いと言われていますが、どのくらい高いのか検証してみます。

同じ性能になるよう安くて有名なメーカーのBTOパソコンをカスタマイズして比較してみました
SEVENは人気の高品質パーツで組み上げていますが、他のメーカーはノーブランドのパーツで構成した比較になります。

結果としては流石SEVENと言わざるを得ないですね
コスパが良いと評判が立つのもうなづけます。
価格の絶対値としては最高値ですが、パーツ品質を考慮したコスパで考えるとダントツでしょう。

ケースの冷却性が若干弱いので冷却性を気にする方はケースを別のものに変更したほうが良いですが
このパーツ構成なら排熱量的にも特に問題はなさそうです。
Siriusは見た目の存在感がすごいので個人的には好きなデザインのケースです。

品質を取るか安さを取るかで大分評価が変わりますが、このくらいの価格差なら上乗せ金額も気にならない範囲です。
(2018年6月の価格を参考にしています)

ハイスペッククラス

SR-ii7シリーズをハイスペックにカスタマイズしたBTOパソコン
SEVENの評判コスパ比較
SR-ii7シリーズ
製品URLSR-ii7
マザーボードAsRock Z370 pro4
CPUcore i7-8700K
GPUASUS  TURBO  GTX1070Ti
RAM16GB  Crucial DDR4-2666
HDD2TB  Seagate  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースZalman Z9
電源750W  Corsair  RM750x  Gold
SEVENGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥236,714(税込)¥213,000(税込)¥217,490(税込)¥220,298(税込)¥232,639(税込)

一番安いG-TUNEと23,000円ほど開きがありますがGPUがASUS GTX1070Ti TURBOと性能的にはSEVENに軍配が上がります。
ASUS製GTX1070Ti TURBOはGTX1080に匹敵する性能があるため、ワンランク上の処理能力になりますね。
G-TUNEやパソコン工房みたいな格安メーカーではGPUのメーカーオリジナルモデルが選べませんので
こういったところで差を付けられるのがフルカスタマイズ系BTOメーカーの醍醐味でしょう。

また静音性の高いケースやCorsairのGOLD電源と至れり尽くせりですし
この価格差ならSEVENのコスパが際立ちます。

ハイエンドクラス

SR-ii7をハイエンドにカスタマイズしたBTOパソコン
SEVENの評判コスパ比較2
SR-ii7シリーズ
製品URLSR-ii7
マザーボードMSI Z370 Gaming Plus
CPUcore i7-8700K
GPUASUS  ROG-STRIX GTX1080Ti
RAM16GB  Crucial  DDR4-2666 
HDD3TB  Seagate  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースCM690Ⅲ
電源750W  Corsair  RM750x  Gold
サイコムGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥314,704(税込)¥289,210(税込)¥292,310(税込)¥291,102(税込)¥285,768(税込)

SEVEN以外のメーカーはノーブランドパーツで構成されています。
ASUS謹製のROG-STRIX GTX1080TiとMSI Z370 GAMING PLUSでこの価格差なので
とんでもなくコスパが良いですね。

ROG-STRIXは普通のGTX1080Tiに比べて6%ほど性能が向上したモデルです。
GPUの性能差6%はかなりデカイですよ。

MSI Z370 Gaming Plusはゲーム用に特化したマザーボードですが
LANやメモリの遅延を極限まで少なくしていたり、ゲームに没頭できるよう高品質なサウンド出力機能を備えています。
ゲーマー向けではありますが、一般用途でも十分恩恵があるのでコスパの良いマザーボードだと思います。
こうなってくるとSEVENのコスパの高さに驚きますね。

ちなみにケースをZalmanZ9に変更してGPUを普通のGTX1080Tiに、マザーボードをAsRock Z370Pro4に変更すると
税込み¥280,934とG-TUNEより安くなってしまいました。
組み合わせ次第では格安メーカーを凌ぐとんでも価格になるのがSEVENの魅力のひとつだと思います。
(2018年6月の価格を参考にしています)

パソコンショップSEVENでおすすめのカスタマイズパーツ

ケース

CM690Ⅲ
CM690.jpg 
幅230mm 高さ507mm 奥行502mm

冷却性と拡張性の高さから自作ユーザーからも評判の良い鉄板ケースです。
これを選んでおけば間違いないと言われるほどの人気ケースで、迷ったらこれにしても良いと思います。
LEDファンも付いており安物ケースとは一味違った存在感が魅力です。
ミドルタワーですがフルタワーに近いサイズなのでサイズを良く見て置き場所と相談しましょう。
Antec P100
antecp100.jpg 
幅220mm 高さ480mm 奥行525mm

静音性の高さで評判の自作パソコンでもよく使われている人気ケースです。
フロントに静音性の高いドアが付いており、ファンの音を遮断するため静音重視のユーザーから厚い支持を得ています。
さらに遮音性に優れた二層式のサイドパネルを採用しているので、とにかくパソコンの動作音を静かにしたい!という方向けです。
Zalman Z9 Neo
zalmanz9 
幅205mm 高さ400mm 奥行482mm

コンパクトながらも高い冷却性と拡張性を持つコスパの良いケースです。
自作パソコンでも良く使われますが、コスパ重視の方に評判が良いです。
高級ケースに比べると少々貧相な作りですが、それを補って余りあるデザイン性と冷却性を持っています。
Corsair Graphite 780T
corsair780t
幅335mm 高さ675mm 奥行690mm

フルタワーの存在感と高い拡張性、冷却性を兼ね備えた高級ケースで自作パソコンユーザーから評判が良いです。
内部にギミックが沢山仕込まれており、パーツの入れ替えなどがしやすくなっているため
自分でパーツ交換をされる方にはおすすめですが、その予定がなければここまでハイクラスなケースは必要ないかと思います。

電源

Corsair RMシリーズ
RMシリーズ
Corsair(コルセア)RMシリーズは自作パソコンでも多く使われている人気の電源です。
品質のグレード順にAX、HX、RMと上から3番目のグレードですが、そこらの低価格電源とは一線を画した安定感があります。
標準グレードのRMは価格的にも買いやすく、コスパに優れた定番モデルなのでおすすめです。
予算が許すなら80plusのGOLDを選びたいところです。

80Plusのランクについてはこちらの記事で解説しています。

Seasonic SSR-FX(PX)
seagate.jpg 
Seasonic(シーソニック)はCorsairと同じく高品質な電源メーカーで、自作erにも人気があります。
SSR-FX(PX)はFOCUS PLUSシリーズの電源で、Seasonicの標準グレードに当たります。
価格はCorsairに比べて少々高いですが、安定性の高さと寿命の長さから定番のシリーズとなっています。
個人的にはCorsairで十分かなと思うのですが、評判の良い電源を選ぶとしたらSeasonicだと思います。

マザーボード

ASUS STRIX Z370-F GAMING
SEVENの取り扱いマザーボード 

ゲーミングマザーとしてはハイエンドクラスに該当する人気のモデルです。
ASUS製マザーの中でも最高のゲーミング性能を持つので、ゲーム用に特化したものを選ぶとしたらこれになります。
LANやメモリの伝達速度を極限まで安定化させたモデルで、熱によって速度が落ちやすいM.2SSDの冷却機能までついています。
オンボードとは思えないレベルの高品質なオーディオ出力機能もついており白熱のゲームサウンドが楽しめる定番モデルです。
これより高価なASUS MAXIMUS X FORMULAはオーバークロック用のマザーなので、OCしないなら必要ありません。

ASRock Z370 Pro4
SEVENの取り扱いマザーボード
余計な機能がついていない安定したマザーボードなので低価格帯から選ぶならこれがおすすめです。
特に性能が低いわけではなく、LEDで光ったり、ゲーミングに特化した機能がついていないだけで
ちょっとしたオーバークロックにも耐えられる堅牢さと性能を持ち合わせます。
オーディオ出力も低価格帯とは思えないこだわりで、ノイズが少なくゲームサウンドもばっちりです。

MSI Z370 GAMING PLUS
SEVENの取り扱いマザーボード
コスパの高さからゲーマーやオーバークロッカーに人気のある定番のマザーボードです。
LEDがついており見た目のかっこよさからも高い人気を集めています。
ゲーム用に特化したサウンド出力や、マクロ機能までついているのでゲーマーとしては嬉しいですね。
ゲームデバイスとのコネクタ部分に通常の3倍の金を使用しており、接続と反応の安定性を高めているのが特徴です。

CPUクーラー

白虎 SCBYK-1000I
白虎 
リテールクーラー(CPU純正クーラー)に比べて高い静音性と冷却性を持つ人気のクーラーです。
価格は安いですがコスパ抜群で、純正クーラーより少ない回転数で10℃~20℃くらい冷えます。
オーバークロックしない方ならこのくらいの性能で十分冷えますので、コスパ重視ならこれがおすすめです。

虎徹MarkII SCKTT-2000
虎徹 
ほとんど無音に近い静音性と価格からは考えられない冷却性でる空冷クーラーです。
価格.comでも売れ筋ランキング1位の定番モデルで、純正クーラーに比べてCPUの温度を20℃~30℃くらい下げられます。
ゲームプレイや夏場に過酷な使い方をする方はこのくらいの性能があると安心かと思います。
悩んだり困ったらこれにしておけば問題ないです。

CoolerMaster MasterLiquid Lite 120
水冷クーラー
水冷式のCPUクーラーで静音性の高さとコスパの良さから評判が良いモデルです。
簡易水冷なのでメンテナンスの必要がなく、純正クーラーに比べてCPUの温度を20℃~30℃くらい下げられます。
水冷入門としては非常に優れたモデルですが、冷却性だけで考えると空冷とそこまで変わらないです。
私はこれを使っていますが、OCしないので静音性と冷却性、寿命とどれも満足しています。(6年弱生存中)

CORSAIR H60
H60.jpg 
水冷式のCPUクーラーで高い冷却性能を持ちます。
こちらも簡易水冷なのでメンテナンスフリーで、純正クーラーに比べて25℃~30℃くらい冷やせます。
冷却性能は高いですが、ラジエーターファンが少々うるさいので静音性重視の方には向きません。

Corsair H100i V2
H100.jpg
水冷式CPUクーラーの中でも人気があるモデルで、高い冷却性と静音性で評判が良いです。
簡易水冷式の中ではトップクラスの冷却性を持ち、純正クーラーに比べて30℃~35℃くらい冷やせます。
日当たりがよく夏場に熱が籠りやすい部屋にPCを置いている方や、OCに興味がある方にはおすすめです。


メモリー

crucial-4-8gb-ddr4-udimm-kit-2.png 

メモリーは現在Crucial製のものしか取り扱ってないようですね。
時々Corsairのメモリも並んでいるので、時期によって仕入れが違うのかもしれません。
Crucialのメモリは優れたコスパで評判がよく個人的に好きなメモリです。

DDR4-2400とDDR4-2666の違いですが
DDR4-2400(PC-19200)はデータ処理速度が2400MHzあり、データ転送速度が19.2GBのメモリです
DDR4-2666(PC-21300)はデータ処理速度が2666MHzあり、データ転送速度が21.3GBのメモリです

要するにDDR4-2666の方が優れた性能を持つメモリということですが
ゲームの平均FPSが変わるほどの性能差は無いのでゲーミングPCを求めている方は予算で決めてしまって大丈夫です。

RAW現像だったりクリエイター向けのソフトウェアを使う方はメモリの転送速度が重要になってきますので
予算が許すならDDR4-2666を選択するのが良いですね。
ただ、そこまで大きな差があるわけではないので、予算的に厳しい方はDDR4-2400でも十分です。

転送速度や処理速度も大事ですが、どちらかというと容量を気にする方が恩恵が大きいです。
個人的なおすすめとしては、ネットサーフィンと軽作業なら8GB
ゲームをやるなら16GB、クリエイター向けソフトウェアを使うなら最低16GBできれば32GBがおすすめです。

メモリについての解説はこちらの記事で詳しく行っています。

パソコンショップSEVENの評判と詳細のまとめ


SEVENの評判

SEVEN公式サイト

パソコンショップSEVENはコスパに対する評判が良いメーカーです。
平時の価格も安いですが、事あるごとにキャンペーンを開催しており
上手く利用すれば高品質パーツで組まれたハイスペックPCが安く手に入ることがあります

ケース内部の配線の取り回しもキレイにされていますし、パーツの空箱を送ってくれるのも嬉しいポイントですね。

パーツのブランドに拘らない方はG-TUNEやドスパラのが安いのでそちらがオススメですが
冷却性や静音性、品質と細かく選びたい方ならSEVENは特におすすめのBTOパソコンメーカーです。
また、組み合わせやセール時の状況によっては格安BTOパソコンメーカーを凌ぐ低価格ぶりを発揮するので
コスパ重視の方もチェック必須と言えるメーカーだと思います。

サポートに対する評判も良いですが、3年保証で購入金額の10%上乗せと少し高めに設定されています。
営業時間が10時~17時までなので、急なトラブルに見舞われた時は困ってしまいますが
ある程度の問題を自分で解決できる方なら特に気にするほどのことではないかと思います。

品揃えやGPUの水冷化、ケースの種類などサイコムに軍配が上がる面もありますが
価格と品質のバランスも考えるとSEVENも十分魅力的なショップと言えます。
価格を抑えつつも、人気のパーツを選びたい方にオススメのショップです


関連記事

おすすめのBTOパソコンショップ20社をまとめて比較!【2018】
SEVEN、サイコム、VSPECなどのフルカスタマイズ系マイナーメーカーから有名BTOパソコンメーカーまで幅広く紹介
BTOパソコンメーカーを安さ、性能、カスタマイズの自由度などの項目別に比較していますので好みに合ったメーカーを探せます
この記事は定期的に更新し、最新の情報を記載しています。




当ブログの人気記事

サイコムの評判とフルカスタマイズPCの利点

サイコムの評判


おすすめBTOパソコン本日のレビューはサイコムの評判についてと、価格や品質についてなどの考察です。

結論から言うとサイコムの評判はとても良いです。

厳選されたパーツで組み上げられた高品質なBTOパソコンを販売しており
自作まではしたくないけどパーツにはこだわりたいというコアなユーザーから支持を集めています。

サイコムは創業19年目を迎える老舗メーカーで、ハイスペックかつ高品質なBTOパソコンを取り扱っています。
自作ユーザーにも人気が高い名門ブランドの高級パーツを使っているため割高感はありますが
格安BTOパソコンメーカーとは一線を画したハイレベルな構成が最大の特徴と言えます。

品質の高さで評判の良いサイコム


高品質なBTOパソコンならサイコムが鉄板
サイコムの評判
G-MASTER
販売元https://www.sycom.co.jp/
おすすめタイプ品質重視 スペック重視 こだわり派
おすすめ度
価格の安さ
カスタマイズ
性能の良さico_grade6_5.gif
出荷目安7営業日
ショップの特徴サイコムはフルカスタマイズ系BTOパソコンメーカー。
SLI構成やデュアル水冷構成など細かい設定もできるのが良い。
自作PC顔負けのこだわりカスタマイズが可能。

評判の良さは業界随一?自作ユーザーにも評判のBTOパソコンメーカー

サイコムこだわり


サイコムは実店舗を構えていない通販専門メーカーでありながら
ドスパラやマウスコンピューターに並ぶほど知名度が高く
フルカスタマイズ系BTOパソコンなら鉄板とも言える人気のBTOパソコンメーカーです。

価格が割高な事もあり、パソコン初心者やコスパ重視のPCユーザーから避けられる傾向にありますが
名門ブランドのパーツを惜しみなく使った高品質なBTOパソコンは評判が良く
口コミやレビューでも「価格は高いけどまたサイコムにしたい」という声が多く挙がっています。

サポートに対する評判も良く、修理の対応も神レベルと言われているため
価格と品質のトレードオフが可能ならサイコムはとてもおすすめ出来るメーカーでしょう。

また、ほぼ自作PCと言って良いほどカスタマイズ項目が充実していますし
取り扱いパーツについてもブランドがきちんと明記されているので選ぶ上での安心感もあります。
そういった部分から評判も良く、割高なのにリピーターが多いBTOパソコンメーカーとなっています。

サイコムの評判について掘り下げてみる

サイコムの評判が良いところ

とにかく品質が良い
とくに品質に対する評判が良く、多くのリピーターを生む最大の要因となっています。
初期構成から高品質なパーツを使って組み上げていますので、カスタマイズしなくても品質は抜群ですね。
組み上げも丁寧で、動作の安定感や静音性を求めるユーザーにとっても評判が良いです。
パーツブランドが記載されている
格安BTOパソコンメーカーではパーツのブランドが記載されていないところが多いですが
サイコムは全てのパーツのメーカー名・ブランド名が記載されており安心感が違います。
人気の高品質ブランドも取り揃えているので自作ユーザーからの評判も良いです。
サポートが素晴らしい
サイコムのサポートは対応がとても良く、称賛の声が多く挙がっています。
比較的クレームが出やすいと言える修理や初期不良に対しても神対応と言われるほどしっかりしており
少々割高でも満足できると評判が良いです。

サイコムの評判が良くないところ

×価格が高い
高品質なパーツで組みあがっているため価格設定が高くなっています。
格安BTOパソコンメーカーの同スペックPCに比べて数万円高くなるので
リピーターからも「高い」と言われてしまっています。
×パソコン初心者にはおすすめできない
カスタマイズの自由度が高すぎるので、OS無しやHDD無し、メモリ無しといった注文まで出来てしまいます。
自分でセッティングしたい方向けなのですが、そのままでは動きませんのでパソコン初心者がこれをやると詰みます。
選び方や注文の仕方にもある程度の知識が必要なので、評判が悪いと言うか注意喚起の声が挙がってます。
×納期が遅い
サイコムは納期が遅いです。
特急コースなども無いようですし、急にパソコンが必要になった方には不満が出る要素かもしれません。
発送まで7営業日以上かかるようなので、そのあたりの評判が良くないですね。

サイコムについての詳細

価格の安さ

コスト価格については割高感が否めないですね。
高級なパーツを使っているのでぼったくりというわけではないですが
格安BTOメーカーに比べると数万円変わってくるほど価格差があります。

ハイエンドクラスになるほど価格差が縮まりますが、
エントリークラスやミドルクラスは他社の同性能モデルと比べて
かなり高いと言わざるを得ません。

価格については納得して購入しているユーザーが多いので
品質のためのトレードオフとして見れるかどうかで評価が変わります。

SLIやデュアル水冷クラスになると超高品質ながら格安メーカーとの価格差も矮小なので、
ハイエンドクラスを求めるユーザーには大変お得なBTOパソコンメーカーです。

【まとめ】 品質を上げているため価格は高い。

カスタマイズ

カスタマイズカスタマイズの自由度は業界随一で、パーツを選んでいるだけで楽しいです。

ケースもCM690Ⅲのクリアサイドパネルや、Corsairの330Rといった人気ケースも選べますし
マザーボードからメモリからGPUまで人気ブランドが揃っています。

またオプションで内部LEDシステム(+2450円)も追加することが出来るため
本当に自作PCのような面白みのあるBTOパソコンにカスタマイズできます。

M.2 SSDにヒートシンクが付けられるところもBTOメーカーでは珍しく、
必要なところはきちんと抑えてるという印象です。

【まとめ】 カスタマイズの自由度は業界トップクラス。

 サイコムケース

性能の良さ

コストミドルクラスからハイエンドクラスまで最新のパーツで取り揃えています。
特にハイエンドPCのラインナップが良く
高性能PCの販売を得意としているBTOパソコンメーカーです。
  
しエントリーモデルやミドルスペックモデルは性能に対する価格がちょっと高めです。

SLI構成のウルトラハイエンドやサイコム監修のオーバークロックモデルなど
普通のBTOメーカーでは購入できない性能のモデルもあるので
性能重視の方には見ているだけで楽しめるメーカーだと思います。

通常はOCしてしまうと故障した際に修理保証適用外になってしまいますが
サイコムが監修しているので修理保証も適用されており安心して使う事ができます。
そういった意味でも性能特化のハイエンドPCに強いメーカーです。

【まとめ】 オリジナルのOCモデルもあり高性能PCを数多く取り揃えている


サポート

カスタマイズサポートに関しては神対応との評判です。

ただ電話サポートが10時~17時と対応時間が短く、土日祝日は営業していません。

パソコンについての知識がある程度備わっている方でしたら問題になりませんが
パソコン初心者の方は困ることもあると思いますので、
購入前によく検討することをおすすめします。

保証については1年間のセンドバック(製品を工場に送る)タイプで
延長保証料は3年で購入金額の5%と安めです。

保証限度額は年月ごとに減っていくものが多いですが、サイコムは3年間100%保証してくれます。
品質に対する自信から来るサイコム独自の制度だと思いますが、これは素晴らしいですね。

【まとめ】 保証限度額は3年間100%と太っ腹。しかも回数無制限。



サイコムと格安メーカーの価格比較

アッパーミドルクラス

GZシリーズをアッパーミドルにカスタマイズしたBTOパソコン
サイコムGZシリーズ
GZシリーズ
製品URLGZシリーズ
マザーボードAsRock Z370 pro4
CPUcore i7-8700
GPUASUS  STRIX  GTX1060[6GB]
RAM16GB  Crucial Ballistix
HDD2TB  TOSHIBA  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースCM690Ⅲ
電源550W  Corsair  RM550x  Gold
サイコムGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥215,780(税込)¥185,455(税込)¥190,480(税込)¥189,660(税込)¥190,728(税込)


サイコムのBTOパソコンは価格が高いとの事ですが、どのくらい高いのか検証してみます。

同じ性能になるよう各社のBTOパソコンをカスタマイズして比較してみました
サイコムは人気の高品質パーツで組み上げていますが、他の格安BTOメーカー各社は高品質パーツが選べないため
ノーブランドのパーツで構成した比較結果になります。

サイコムのカスタマイズは人気パーツで組んでいるのでブランドにこだわりがある方から見たら安いかもしれませんね。
しかしながら無視できないレベルの価格差がありますので、品質を取るかコスパを取るかで大分評価が変わります。
(2018年6月の価格を参考にしています)


ハイスペッククラス

GZシリーズをハイスペックにカスタマイズしたBTOパソコン
サイコムGZシリーズ
GZシリーズ
製品URLGZシリーズ
マザーボードAsRock Z370 pro4
CPUcore i7-8700K
GPUASUS  TURBO  GTX1070Ti
RAM16GB  Crucial Ballistix
HDD2TB  TOSHIBA  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースCM690Ⅲ
電源650W  Corsair  RM650x  Gold
サイコムGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥259,380(税込)¥213,000(税込)¥217,490(税込)¥220,298(税込)¥232,639(税込)

一番安いG-TUNEと46,000円ほど開きがありますので、ここをどう見るかですね…。
コスパ重視の方はこの価格差だと二の足を踏むかもしれません。
品質と安心感を取るか、コスパを取るかで悩むラインです。

私なら安さの誘惑に負けてG-TUNEかパソコン工房にしてしまいそうですが
今この記事を書いているG-TUNEのパソコンも6年弱使えてますので安くても問題ないと言えば問題ないんですよね。

ハイエンドクラス

G-MASTER SPEARをハイエンドにカスタマイズしたBTOパソコン
サイコム
G-MASTER SPEAR
製品URLG-MASTER
マザーボードMSI Z370 Gaming PRO CARBON
CPUcore i7-8700K
GPUMSI  GAMING X  GTX1080Ti
RAM16GB  Crucial Ballistix DDR4-2666 
HDD3TB  TOSHIBA  7200rpm[64MB]
SSD500GB  Crucial CT500MX
ケースCM690Ⅲ
電源750W  Corsair  RM750x  Gold
サイコムGーTUNEパソコン工房ドスパラFRONTIER
¥318,970(税込)¥289,210(税込)¥292,310(税込)¥291,102(税込)¥285,768(税込)

例によって他のメーカーはノーブランドパーツで構成されています。
ハイエンドクラスになると少し価格差が縮まって来るのでサイコムのお得感が際立ちます。
G-TUNEとの差が3万円くらいですが、このくらいの差になるとサイコムの方がコスパが良いですね。

マザーボードとメモリをもう少し安いものに変えたら価格差も2万円以下になりますので
そうなってくるとサイコムが俄然お得に見えてきます。
(2018年6月の価格を参考にしています)


サイコムの評判と詳細についてのまとめ

サイコムの評判


サイコムは評判も良く、サポートも充実しているおすすめのBTOパソコンメーカーです。
価格は高めですが、その分しっかりとした内容の製品を販売しています。

BTOパソコンを出来るだけ安く買いたい方には向いていませんが
フルカスタマイズしたBTOパソコンを購入したい方や、品質にこだわる方は必見でしょう。
配線も裏配線で綺麗に仕上げてくれますし、自作に近い高品質なモデルが揃っています。

修理保証面は充実していますしサポートの対応も評判が良いですが
電話対応が10:00~17:00と限られているので、パソコン初心者の方は買いづらいかもしれません。
ある程度のトラブルを自分で解決できる方は特に問題とならないでしょうし、
格安メーカーとは違ったオリジナリティ溢れるBTOパソコンを求めている方にはおすすめのメーカーと言えます。


以上でサイコムについての評判と詳細のまとめを終わります。
長文になってしまいましたが、ここまでお読みくださりありがとうございました。
他のBTOパソコンメーカーの詳細記事も最新版に更新中ですので、また遊びにきて頂ければ幸いです。


関連記事

おすすめのBTOパソコンショップ20社をまとめて比較!【2018】
マウス、ドスパラ、パソコン工房などの有名BTOパソコンメーカーからフルカスタマイズ系のマイナーメーカーまで幅広く紹介
BTOパソコンメーカーを安さ、性能、カスタマイズの自由度などの項目別に比較していますので好みに合ったメーカーを探せます
この記事は定期的に更新し、最新の情報を記載しています。


当ブログの人気記事

人気記事まとめ
GPU性能比較 CPU選び方 メモリの選び方 メモリの選び方
BTOパソコン比較【最新版】はこちら↓
比較アイコン2
新着記事
TSUKUMOの評判と詳細レビュー Jun 19, 2018
Core i7-8086Kは史上最高のゲーミングCPU? Jun 13, 2018
STORMの評判と実際に使ってみた感想 Jun 10, 2018
【最新版!】パソコンショップSEVENの評判と口コミをまとめてみた Jun 07, 2018
サイコムの評判とフルカスタマイズPCの利点 Jun 03, 2018
よく読まれている記事
最新コメント
プロフィール

厳選おじさん

Author:厳選おじさん
ゲーミング用PCの考察をしています
ただのゲーム&パソコン好き一般人です
消費者視点からのおすすめパソコンを
紹介できればと思っています

TERA:エリーヌ鯖
ToS:ガビヤ鯖

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
軽量 ページネーション