BTOショップおすすめBTOパソコン
  1. Top
  2. » BTOショップ

【最新版!】BTOパソコンショップを比較してみた

【2018年6月】最新版!BTOおすすめメーカー比較表

20社以上のBTOパソコンメーカーをおすすめ順に一目で比較できるよう表にしました。

マウスコンピューター、パソコン工房、ドスパラを始めとする有名メーカーからちょっとマニアックなショップまで記載。
2018年現在、様々なBTOパソコンメーカーがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいらっしゃると思います。
そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。

BTOパソコンを使い続けて早20余年の当ブログ管理人が独断と偏見を交えつつ、自分が実際に使った感想を踏まえて
厳選したBTOパソコンメーカーをおすすめ順に掲載しております。
オンラインゲーム用PC、ゲーミングPC、RAW現像用PC、ハイスペックPCをお求めの方
少しでもお役に立てましたら幸いです。

おすすめ解説用イメージ画像 総合的に見てオススメかどうか
価格解説用イメージ画像 価格の安さを表して居ます。★が多いほど安いです
性能の良さ解説用のイメージ画像 ハイスペックPCを取り扱っているかを表しています
カスタマイズ解説用のイメージ カスタマイズと取り扱いパーツの豊富さを表しています

おすすめBTOパソコン一覧表


*スマホの方はスワイプで表が動きます(横画面にするとPC版と同じ表が出ます)
ショップ名おすすめ度価格の安さ性能の良さカスタマイズ出荷目安レビュー記事
G-TUNEiconランク6ico_grade6_5.gifランク3翌営業日可G-TUNEの評判
パソコン工房iconランク6ico_grade6_5.gifランク3当日可パソコン工房の評判
STORMico_grade7_5.gifico_grade6_4.gif4営業日STORMの評判
ドスパラico_grade7_5.gifico_grade6_5.gif当日可ドスパラの評判
SEVENico_grade7_5.gifico_grade6_5.gif当日可SEVENの評判
FRONTIERico_grade7_5.gifランク37営業日FRONTIERの評判
サイコムランク4ランク37営業日サイコムの評判
Dell Gamingランク4ico_grade6_5.gifico_grade6_4.gifico_grade6_1.gif14営業日DELLの評判
マウスコンピューターiconランク4ico_grade6_5.gifico_grade6_4.gifico_grade6_2.gif翌営業日可マウスの評判
TSUKUMOランク4ico_grade6_4.gif ランク33営業日TSUKUMOの評判
VSPECランク4ランク3ico_grade6_5.gif8営業日VSPECの評判
PCワンズランク4ランク35営業日PConesの評判
クリエーター専門店 ゼウスランク3ランク3ico_grade6_5.gif8営業日ゼウスの評判
Lenovoランク3ランク3ico_grade6_1.gif3営業日Lenovoの評判
ALIENWAREランク3ico_grade6_2.gifランク316営業日ALIENWAREの評判
OMEN byHPiconランク3ico_grade6_2.gifico_grade6_2.gif5営業日OMENの評判
arkico_grade6_2.gifランク3ico_grade6_2.gif当日可arkの評判
NECiconico_grade6_2.gifico_grade6_2.gifico_grade6_1.gif4営業日NECの評判
富士通iconico_grade6_2.gifico_grade6_2.gifico_grade6_1.gif当日可富士通の評判
エプソンico_grade6_2.gifico_grade6_2.gifico_grade6_1.gif翌営業日可エプソンの評判


BTOパソコン各社の特徴とおすすめの理由

G-TUNE

G-TUNEイメージ
スコアボードGTUNE

G-TUNE公式サイト
icon

G-TUNEは乃木坂46のCMで知名度を爆上げしているマウスコンピューターのゲーミングブランド
アッパーミドルクラスからウルトラハイエンドまで、高性能なBTOパソコンが安く購入できることもあり
ゲーミングブランドで在りながらもクリエイターやYOUTUBERなど幅広い層に人気があります。

高性能なBTOパソコンがとにかく安いとか、品質が向上して評判がよくなっているとか、おすすめポイントは沢山あるのですが
自分自身が最も長く使っているBTOパソコンと言うのがおすすめの理由として1番大きいです。

パソコン工房

パソコン工房イメージ
スコアボードパソコン工房

パソコン工房公式サイト
icon

エントリークラスからハイエンドクラスまで鬼のように価格を下げまくっている最安値更新マン
同性能モデルが他BTOメーカーに比べて大分安めに設定されており、常時キャンペーン価格と言えるほど安いです。
意識的に最安値を狙っているらしいので、コストパフォーマンスが大好物の方におすすめのBTOパソコンメーカー。

ゲーミングPC、クリエイターPC、RAW現像PC、トレーディングPC、AI開発用のティープラーニングPCと何でも安いです。
品質も良くなってますし、24時間365日体制の電話サポートもあるのでパソコン初心者でも買いやすくおすすめです。

STORM

STORMイメージ
スコアボードSTORM

STORM公式サイト

スクエニやコニカミノルタなどの有名企業に納入している職人気質なBTOパソコンメーカー。
フルカスタマイズとまでは行きませんが自作ユーザーに人気のある高品質ケースが選べるのが特徴。
価格が高めのメーカーでしたが、最近はカスタマイズの傾向を変えて価格設定を大幅に下げて来ています。

高品質ケースで組んでも最安値メーカーと競り合うくらい安く、お手軽にカスタマイズPCが楽しめるBTOパソコンが特徴です。
私もSTORMで購入経験がありますが、長持ちしましたしサポートも親切でしたので個人的におすすめのBTOメーカーです。

ドスパラ

ドスパライメージ
スコアボードドスパラ

ドスパラ公式サイト

業界トップクラスの知名度と規模を誇る人気のBTOパソコンメーカーで、利用ユーザーの数もすさまじく多いです。
パッケージ化されたBTOパソコンが売りですが、意外とカスタマイズの幅も広くパーツも色々と選べます。
ケースも自作erに人気のCM690Ⅲや、高品質なGRoneが選べるなど、マウスやパソコン工房とは一線を画す内容になっています。

お手頃な価格で高品質な電源やケースなどを「ちょい足し」カスタマイズできるのがおすすめポイント。
現在のゲーム用メインPCがドスパラの「GALLERIA」ですが、かなり満足しているので今後リピートする予定です。

SEVEN

SEVENイメージ
スコアボードSEVEN

SEVEN公式サイト

フルカスタマイズ系のBTOパソコンですが狂ったように安く、G-TUNEやパソコン工房並みの価格設定です。
カスタマイズの幅が広く選べるパーツの種類が豊富なので高級パーツばかり追加すると高額になりますが
マザーボードはASUS STRIXやMSI MAXIMUS X FORMULAまでありますし、電源はCORSAIRやSeasonicと人気どころが揃っています。

ある程度パーツに関する知識がある方向けなのでパソコン初心者にはおすすめ出来ませんが
パーツブランドは鉄板のものが選べますし、ケースの種類も豊富で見ているだけで楽しいおすすめのBTOパソコンメーカーです。

FRONTIER

FRONTIER.jpg
スコアボードFRONTIER

FRONTIER公式サイト

ヤマダ電機傘下のBTOパソコンブランドで、創業20年以上の実績を持つ老舗メーカー。
FRONTIERの特徴と言えば何といっても月末セールと定期的に行われる期間限定セールですね。
通常時の価格はそこまで安いわけではないのですが、セール時は他社の最安値絶対殺すマンと化します。

期間限定セール、月末セール共に最新のハイエンドモデルを出し惜しみなくぶち込んで来ますので
安さを重視する方や掘り出し物が好きな方におすすめのBTOパソコンメーカーです。

初心者におすすめのBTOパソコンショップ

パーツ交換に自信がない方や、交換の手間をかけたくない方におすすめです。
こちらのBTOメーカーはオーダー時に選べるパーツの種類が少ないですが、
どの製品もバランスのよい性能になっているためカスタマイズしなくても十分に使えるので初心者にもおすすめです。
両社ともオーソドックスなパーツ構成になっているので、パーツ選びで失敗することなく気軽にBTOパソコン選びが楽しめます。
マウスコンピューターicon
マウスコンピューターのロゴ価格の安さは業界随一で、コストダウンを狙うなら真っ先にチェックしたいメーカー。
近年は品質向上に全力を注いでいるため、問題視されていた品質も大幅に良くなった。
365日24時間電話サポートやLINEサポートがあるので初心者でも安心できるのが良い。

スピード出荷が売りのBTOパソコンメーカーに比べて出荷に時間が掛かるが、
これは動作チェックを徹底しているが故の欠点とも言える。
急ぎの方には向いていないが、特に納期を気にしない方であれば初期不良が少ないので利点にもなる。

パソコン工房icon
パソコン工房のイメージ画像価格の安さはトップクラスで、同性能のBTOパソコンを最安値で購入するなら絶対にチェックしたいところ。
マウスコンピューターと同じく365日24時間体制の電話サポートがあり、初心者にもおすすめ心できるBTOパソコンメーカー。
4万円代から購入できるエントリーモデルから、最新VRゲームも快適に動作するハイエンドモデルまで幅広く扱っている。

私も実際に利用しているが、ケース外観もクドくなくインテリア性も高いので助かっている。
PCオタク感を出さずにシレッとハイスペックPCを置きたい方にもおすすめ。
近年はマウスコンピューターを凌ぐ激安価格になっている事もあるため、一回はチェックしたいBTOパソコンメーカー


最新VRゲームも快適動作!ハイスペックなゲーミングモデルが買えるBTOパソコンショップ

VRゲームやオンラインゲームに最適なゲーミングPCが盛りだくさん!
パーツを自分で選別して注文していく「カスタム系BTOパソコンショップ」ではなく、ゲーミングモデルとしてパッケージ化されているのが特徴。
パッケージ化されているためパーツカスタマイズの自由度は低いが、その分ハイスペックな物がロープライスで購入できる上に
初心者でもパーツ選びに失敗することなく気軽にゲーミングPCを買えるのがおすすめポイント。
往年の名作とコラボした専用モデルや最新のVRゲーム、オンラインFPS、MMORPGも快適に遊べるハイエンドモデルまで幅広く取り揃えている。
G-TUNEicon
G-TUNEのイメージ画像 icon最高スペックのモデルを扱いながらもトップクラスの安さを誇るパイオニア的存在。
プロゲーマーも愛用するゲームブランドで、性能は申し分なく幅広いタイトルのコラボモデルを扱っている。
ローンも組めるので手軽に買いやすいのもBTOパソコンとしておすすめポイント。

個人的な使用感としては、自宅用と職場用で2台運用しているがパーツ交換等無しでどちらも長寿。(5年目と7年目)
365日24時間体制の電話サポートとLINEサポートがあるので初心者でも安心。

GALLERIA
GALLERIAのイメージ画像 iconG-TUNEと並ぶドスパラのゲーミングブランドで、関東を中心に22店舗を全国展開する老舗BTOメーカー。
40タイトル以上ゲーム推奨モデルがあり、PCの知識がなくても迷う事なくBTOパソコンを購入できるのが魅力。
ゲーム推奨モデルはゲームメーカーが実際に動作検証し、快適に動作することを保証しているため安心感もある。

365日出荷体制を整えており、最短当日出荷が可能なのも特徴の一つ。
また分割払いの金利手数料無料キャンペーンを頻繁に行っているので、分割払いで買う方にもおすすめ。

STORM Heavy Gamer
STORMのイメージ画像 iconスクエニやマイクロソフトなど一流企業にも納入している職人気質なBTOパソコンメーカー。
学校法人では東京大学や京都大学に納入していたり、実績はすさまじいものがある。(公式HP参照)
G-TUNEやGALLERIAに比べてやや価格が高いが、その分カスタマイズ性が強く細かいパーツ選びが出来るのが利点。

ゲームタイトルとのタイアップモデルはリネージュⅡくらいしかないので、自分でカスタムする必要があるが
ケースや電源、冷却ファンやグリスなど細かく指定できるのでこだわり派ならむしろ楽しめる要素になる。

Level∞icon
パソコン工房のイメージ画像パソコン工房のゲーミングブランドで、コストパフォーマンスは最強。
頻繁にセールもやっているので、同スペック帯のBTO PCを他社と比べると最安値になっている事が多い。
ゲーミングPCを少しでも安く買いたい!という方におすすめしたいショップ。

国内生産を売りにしており、組み上げ品質も上々で、365日24時間体制の電話サポートもある。
その上ゲームタイトル別の推奨モデルも取り扱っているので初心者にもおすすめのBTOパソコンメーカー。


こだわり派におすすめのBTOパソコンショップ

パーツについての知識があり、パーツ交換などがご自身で行える方におすすめです。
メモリを後で増設したり、GPUやHDDを交換、増設できる方にはお買い得製品がたくさんあります。
マザーボードやメモリ、電源なども人気ブランドから選べるためこだわり派でも納得のカスタマイズが可能です。
ラインナップの初期設定が特殊な製品が多いですが、逆手に取るとコスパ抜群の掘り出し物が見つかるおすすめのBTOパソコンメーカーです

ショップ名内容
SEVENパーツ構成と値段を良く見て選ぶと掘り出し物がたくさんある良心的な価格設定のBTOパソコンショップ
選べるパーツの種類も多く、格安で自作PCのようなBTOパソコンが作れるおすすめメーカー。
STORMアルミ製の静音ケースを採用したカスタムPCや、自作erに人気のケースが選べるBTOパソコンメーカー。
最近カスタマイズの幅を縮小し、価格が大幅に下がったため「コスパにもこだわる」方向け。
PCワンズフルカスタマイズ系の老舗メーカーで選べるパーツの種類も豊富。
SLI構成も指定できるため、自作PCに近いオーダーメイドが可能だが少々価格が高い。
サイコム静音PCに拘っているため、選べるパーツの種類も多く、こだわり派にもおすすめのBTOパソコンショップ
少々価格は高くなるが、CPUとGPUを水冷化したダブル水冷なども取り扱っている


クリエイターにおすすめのBTOパソコンショップ!

RAW現像、動画エンコード、CG制作、音楽編集などクリエイティブな活動をする方におすすめです。
ゲームGPUのBTOパソコンではなく、映像・画質特化のGPUやエンコードに最適なCPUを搭載したモデルを扱っています
ゲームもやる方は避けた方が無難ですが、お仕事や趣味の編集作業に比重をおきたい方は是非こちらもチェックしてみてください
ショップ名内容
クリエーター専門店ゼウス10万円前後のエントリーモデルから200万円越えのプロモデルも扱うガチのクリエイター専門店
PC自体も工場生産ではなく職人が一つ一つ組み上げているので、品質もこだわりも半端がない
マウスコンピューターiconRAW現像、イラスト製作、VR体験/開発、動画編集など、エントリーモデルからハイスペックモデルまで揃っている
クリエイター向けPCとしては最も安いので、趣味で始める方におすすめ。
ドスパラCAD、DAW(音楽制作)、3DCG、動画編集、写真編集、イラストなど目的別に選べるのでわかりやすい
価格も安いものから現場で使われている本格的なものまで揃っており、著名なクリエイターも使用している売れ筋メーカー
パソコン工房icon3Dプリントデータ作成モデルや、プロも使う動画編集モデルを取り扱っている
製作現場とコラボレーションしているため、価格が安い割に本格的な性能になっている
FRONTIER写真編集や動画編集用のおすすめソフトをインストールした初心者向けのクリエイターPCを販売している
本格的な導入をしない方や、先ずはスタートラインとしての導入を考えている方におすすめ


掘り出し物が見つかる穴場!ローコスト派におすすめのBTOパソコンショップ

最新モデルが驚きの価格で!?お得に買うなら必見の穴場ショップ!
ボーナスセールや歳末、決算セールなどお得に買える時期はチェック必須!
運よく大規模セールの時期に当たれば最新モデルがどこよりも安く買えてしまうことも…?
良い性能のPCをできるだけロープライスで購入したいという方におすすめしたい穴場的メーカー
ショップ名内容
FRONTIER比較的安い価格設定のBTOパソコンメーカーだが、たまに異常とも言える激安価格で最新モデルを出す時がある。
特に歳末やボーナス時期、決算期などは絶対にチェックしたいところ。
ハイエンドモデルだけでなく、ミドルスペックからエントリーモデルまで一斉に安くなるので
出来るだけロープライスで性能が良いPCが欲しい!という方は一度チェックしてほしい。
ドスパラ常時トップクラスの安さが魅力のBTOパソコンメーカーだが、分割金利手数料無料キャンペーンをやっている時があるので
ローンで購入予定の方は真っ先にチェックしたいところ。
24回分の時もあれば48回分無料!と大盤振る舞いしている時期もあるので、時期によってはめちゃくちゃお得に購入できる。


おすすめのBTOパソコンの選び方【CPU編】

ゲームを高画質で快適プレイ!重いソフトウェアも高速起動!目的に合わせたBTOパソコンを選ぼう!
ゲームで思いっきり遊びたい方、クリエティブな用途に合わせたパソコンが必要な方
BTOパソコンをお探しの方はそれぞれ自分自身の目的に適したスペックを求めていると思います
この項目では難解なパーツ選びをわかりやすくサポートできるようまとめてみました

これから遊ぶ予定のゲームタイトルや、普段お使いのソフトウェアに合わせて、無駄なく最適なBTO PC構成を目指しましょう。
ゲームを最高画質で快適に遊びたい方や、創作活動に向けた頼れるBTOパソコンをお探しの方に向けたおすすめの記事になっています。


おすすめ度 コスパなども考慮したおすすめ度数です
ゲーム 星が多いほど多くのゲームで最適に動きます
クリエイター 星が多いほどクリエイター向けのソフトウェアが快適に動作します
スコア UserBenchmarkさんを参考に記載しています
コア数 「c」→コア 「t」→スレッドの略です
最大クロック数 CPUが1秒間に計算できる量です。数字が大きいほど性能が良いとされます。

【2018年6月】最新おすすめCPU一覧

intel CPU
CPUおすすめ度ゲームクリエイターシングルスコア クアッドスコア マルチスコア コア数・最大クロック
corei7-8700K14053710976c/12t(4.7GHz)
corei7-870013250710286c/12t(4.6GHz)
corei7-8600K1355327766c/6t(4.3GHz)
corei7-84001204706886c/6t(4.0GHz)
corei3-8350K1324375084c/4t(4.0GHz)
corei3-81001114204304c/4t(3.6GHz)

AMD CPU
CPUおすすめ度ゲームクリエイターシングルスコア クアッドスコア マルチスコア コア数・最大クロック
Ryzen7-1800Xico_grade6_5.gif11143512358c/16t(4.0GHz)
Ryzen7-1700Xico_grade6_5.gif10741911868c/16t(3.8GHz)
Ryzen7-1700ico_grade6_5.gif10039111138c/16t(3.7GHz)
Ryzen5-1600Xico_grade6_5.gif1094168996c/12t(4.0GHz)
Ryzen5-1600ico_grade6_5.gif1033948556c/12t(3.6GHz)
Ryzen5-1500Xico_grade6_4.gif1043726504c/8t(3.7GHz)
Ryzen5-2400Gico_grade6_3.gif1053626514c/8t(3.6GHz)
Ryzen5-1400ico_grade6_2.gif953375334c/8t(3.4GHz)
Ryzen3-2200Gico_grade6_2.gif954024114c/4t(3.7GHz)
Ryzen3-1300Xico_grade6_1.gif1053874014c/4t(3.7GHz)
Ryzen3-1200ico_grade6_1.gif973583684c/4t(3.4GHz)

ゲーム向け・クリエイター向けのBTOパソコンの選び方【CPU】
目的としているソフトウェアやゲームタイトルがマルチスレッドに対応しているかどうかで最適なBTO PCの構成は変わります。
オンラインゲームであればほとんどのタイトルがDX9、DX11で作られているため、基本的にはシングルスレッドでの性能が重視されます。
その場合はクロック周波数の高いCPUを搭載したBTOパソコンを選ぶのがおすすめです。

また、DX11以下の環境ではマルチスレッド対応でも4コアまでしか使われないので、
マルチ性能が高いものを選んでも性能を生かしきれずにもったいないことになります。
(マルチコア性能が高いものは比例して価格も高くなるため)

そのため、ゲーム用のBTOパソコンを購入する場合はクアッドスコアとシングルスコアの高いものを選ぶのがおすすめです。
DX12環境で作られているタイトルであれば、マルチスレッドになっているのでマルチスコアが高いものを搭載したBTOパソコンを選ぶと良いです。

3DモデリングやMMD、イラスト制作やRAW現像などクリエティブな趣味をお持ちの方は
多くのソフトウェアがマルチスレッドで動きますので、コア数スレッド数の多いCPUがおすすめです。
多趣味な方でゲームも楽しむのであれば、バランスが良いCPUを選ぶことがBTOパソコン選びで重要なポイントになります。

下記の表にマルチスレッド対応表をまとめてみましたので、BTOパソコンを選ぶ際の参考になれば幸いです。

ソフトウェア・ゲームタイトル早見表【マルチスレッド】

ソフトウェア別にマルチスレッド環境への対応を調べてみました!
CPUのマルチコアを使えるかどうかは、アプリケーション側がマルチコアに対応しているかどうかで決まります。
これをアプリケーション側の「マルチスレッド」と言いますが、わかりにくいため、便宜上「マルチコア対応」と書かせて頂きます。
BTOパソコン選びの参考になりましたら幸いです。

有名どころのソフトウェアは調べて随時追記しておりますが、抜け等ありましたらすみません。
マルチスレッドへの詳しい解説はこちらの記事でも行っています→【初心者向け】すぐわかるCPUの選び方
3D製作ソフト・モーション編集ソフト等
ソフトウェア備考
MMDMMDはマルチコアに対応していますが、物理演算はシングルで行われているようです。
無暗にコア数を増やすよりは、シングル性能とのバランスを取るのが良いでしょう
MayaMayaはマルチコアに対応しているので、コア数を増やすことによって処理が快適になります。
BlenderBlenderもマルチコアに対応しており、ベンチマークではコア数が多い物が高いスコアを出しています
六角大王六角大王もマルチコアに対応しているため、コア数が多いものを選ぶと快適に動作します。
CINEMA4DCINEMA4Dもマルチコアに対応しており、CPUの性能をフルに発揮できます。
ShadeShadeのレンダリングはCPU依存なので、マルチコアCPUの影響が大きいです。
また、マルチコア並列レンダリングの恩恵でロスが少なく、最適化されていると言えます。
Lightwave3D映像制作やアニメーション・3D製作もマルチコア対応済み。
MODO完全に対応済みとのこと。レンダリングでもマルチコアCPUのパワーを遺憾なく発揮できます。
3dsMax設定でシングルからマルチコアの割り当てなど細かく設定できる模様。
Softimage現在は販売されていないソフトウェアですが、マルチコアには対応しています。

RAW現像・写真編集ソフト等
ソフトウェア備考
LightroomLightroomはマルチコアに対応していますが、6coreまでの対応となるようです。
シングルでのクロック周波数とのバランスを見ながら選びましょう。
Photshop CC同じくPhotoshopも6coreまでの対応となるようです。
2018年5月現在では、7700Kや8700Kあたりが最適解になるのではないかと思います。
Capture One Pro世界中のプロカメラマンに使われている本格的なソフトウェアです
マルチコアも対応済みなので、ハイエンドCPUの恩恵を存分に受けられます。
SILKYPIX多くのプロカメラマンに愛用される国産の写真編集ソフトウェアで、550機以上のRAWデータに対応しています
さらにマルチコアにも最適化されていますので、コア数の多いCPUを選ぶのが良いでしょう
Digital Photo ProfessionalCanonの純正ソフトウェアで、カメラを買うとついてきます。
マルチコア性能を生かしきれない部分もあるので1coreのクロック周波数とのバランスを見ましょう。
Capture NX-Dマルチコア対応済みとの事ですが、生かしきれてないそうです。
今のところ4coreあたりがバランス良く動かせるのではないかと思います。
オンラインゲーム
随時更新中!【2018年5月最新版】
ソフトウェア備考
PUBGPUBGは4coreまで使用されるようですので、クアッドスコアが高いものを選ぶと良いです
特に画質設定にこだわらなければクアッドスコア400程度のものでも快適に動作します
ウルトラ画質でサクサク遊びたい場合はクアッドスコア500前後が目安となるでしょう
黒い砂漠黒い砂漠も物理コア4つまで使用されるようですので、クアッドスコアを見ながら選びましょう
MIDDLEHIGH設定でしたらクアッドスコア350くらいのCPUで問題なさそうです
VERYHIGHでしたら450前後、最高仕様モードβ版だと500以上欲しいです
PSO2PSO2は3coreまでしか使わないらしいので1coreの処理能力が高いものが良いと思います
設定6で快適に楽しむならシングルスコア100以上、クアッドスコア350あたりが目安になります
FF14マルチスレッドに対応しているのでコアは多い方が良いとも言われていますが、1coreの性能も大事です
20万円超の16coreCPUである7980XEより4万円以下の8700Kのがベンチマークで高スコアを出しています
最高画質で快適にプレイするにはシングルスコア120以上、クアッドスコア450あたりが目安になりそうです
AION4coreまで対応しているようなので、クアッドスコアが高いモデルを選ぶと良いです。
かなり軽い部類のゲームなのでクアッドスコアが300程度あれば十分かと思いますが
要塞戦やレイドなど人が集まるコンテンツを主に遊ぶ方はクアッドスコア350以上欲しいところです。
リネージュⅡリネージュⅡも4コアまでのマルチコアに対応しているようなので、クアッドスコアが高いものが良いです
14年前のゲームですので、ハイスペックを必要としませんが、余裕をもってクアッドスコア300くらいが目安でしょうか
Blade&Soul4コアまで対応していますので、クアッドスコアが高いものを選ぶと良いです
美麗なグラフィックスを売りにしているゲームで、相当重い方なので出来ればクアッドスコア450以上欲しいです
TERATERAも4コアまで対応していますので、クアッドスコアが高いものを選ぶと幸せになれます。
クアッドスコア350程度でも十分遊べますが、最高画質でサクサク動かすには450あたりが目安になると思います。
ToS管理人の環境では4コアまで使っていましたので、クアッドスコアが高いものをお勧めします
見た目によらずかなり重いゲームなので快適に動作させるにはクアッドスコア400以上が目安になると思います。
*フルHD画質(1980x1080)を基準に考察しており、GPU性能も重要になってきますので注意してください。

BTOパソコンについて

安いパソコンを買いたいならBTOがおすすめ
BTOパソコンの説明イラスト

BTO(Build to Order)とは製造業のビジネスモデルの一つである。パソコンや自動車などの製造販売で実現されている、サプライチェーン・マネジメントによる企業の分類形態の一つである。


wikiから抜粋するとこんな感じの説明ですが、
BTOパソコンを簡単に言うとパソコンメーカーやパソコン屋さんがオーダーメイドで作ってくれるPCってことです

オーダーメイドと聞くと高そうなイメージがありますが、BTOパソコンにおいては家電量販店に置いてあるナショナルブランドパソコンより安くなる傾向にあります。

完成品を店頭で展示販売するには場所が必要だったり、流動性が悪くなるといったデメリットがありますが
オーダーメイドならその部分を気にしないでいいため、価格を下げられるわけです

更に言うと、完成品を購入する場合、購入者にとって不要なソフトウェアや性能が付随していることが多く
トータルでのコストを考えると余分な出費と言える部分も出てきます。
(ゲームPCやネットサーフィン用のPCを求めているのに高額なオフィスソフトが入っていたり等)
特に家電量販店が店頭販売しているPCは余計なソフトやパーツをてんこ盛りにしているので、高性能なPCを買おうとすると余分な出費が増えます。
BTOパソコンなら購入者にとって本当に必要なソフトウェア・パーツで注文できるため、価格を抑えながら性能が良いPCが手に入るわけです。

以上のことから、安価でも良いものをと言う意味でBTOパソコンをおすすめしています。

BTOパソコンのメリットとデメリット

パソコン初心者でも買えるの?BTOがおすすめな理由
BTOパソコンのF&Qイラスト

BTOパソコンのメリットは何?

高性能でも価格が安い
先ほども書きましたがコスト削減が徹底できるため、家電量販店で取り扱っているナショナルブランドより安いです。
昨今では自作PCとBTO PCの価格差も矮小になってきており、自作PCに近い値段でハイスペックなPCが手に入るようになりました。
高性能かつ高品質なパソコンが低コストで入手できることがBTOパソコンをおすすめしている理由です。
余分なソフトウェアが入っていない
BTOパソコンは必要なソフトウェアだけ個別にインストールできます。
マイクロソフトのワードやエクセルなど、仕事で使う人には重要なソフトウェアですが非常に高価です。(32000円~37000円)
このように自宅で趣味用として使うPCには必要ないもの省き、必要最低限のコストで購入できるため更なるコストダウンを図れます。
必要なものだけインストールできる
実はマイクロソフトのワードやエクセル、パワーポイントは購入しなくてもネットブラウザから無料で使えます。→office online
オフィスソフトだけでなく、必要なソフトだけを自分でインストール・クラウド使用すればPCの中身もスッキリして快適に使えますし
無料で使えるお得なソフトをたくさん知る良い機会にもなります。
パソコン初心者でも簡単に購入できる
購入自体はものすごく簡単ですし、マウスコンピューターやドスパラ、パソコン工房といった大手BTOパソコンメーカーなら
購入前の電話相談も受け付けているので、「こういったことがしたいのでPCが欲しい」と伝えるとおすすめのモデルを教えてくれます。

BTOパソコンのデメリットは?

×こだわり出すと価格が高くなる
BTOパソコンメーカーにはフルカスタマイズ系と呼ばれる数多くのパーツを自分で選んで構成を決めるものもありますが
そういったものは趣味色が強いため、自由にカスタマイズできる分、価格が高くなる傾向にあります。
×パーツを細かくカスタマイズしようと思うとある程度の知識が必要
性能にこだわりが強い方や、パーツごとに細かく指定したい場合は予備知識が必要となります。
目的のソフトウェアやゲームにとって必要がないパーツにコストを割いてしまうと勿体ないので、よく見て選びましょう!
×納品に時間がかかる場合がある
電気屋さんの店頭で購入した場合、在庫があればその場で製品を受け取ることができますが
BTOパソコンは届くまで数日かかることもあるので、お急ぎの方は事前に納期を確認しておきましょう



パーツ別!BTOパソコンの選び方

購入時のパーツ選びが楽しくなる!
BTOパソコンのパーツ解説イラスト

フルカスタム系のBTOパソコンメーカーでは購入時に様々なパーツを選べますので、少し知識があるだけでもグっと楽しくなります。
初心者の方でもパーツ選びが楽しくなるよう、各パーツごとの選び方を初心者向けに解説していく当ブログのおすすめ記事です。
ショップ名内容
すぐわかるCPUの選び方CPUの選び方をゲーム用途、マルチメディア、クリエティブ用途にわけて解説しています
CPUによっても得意不得意がありますので、しっかりと選ぶことでコスト削減に繋がります
メモリの仕組みと選び方メモリについての簡単な説明と、チャネルシステムを初心者にもわかりやすく解説しています
帯域幅やデュアルチャネルといったマニアックな用語もまるわかり!


ガチでおすすめしたいインターネット回線

関東にお住まいの方なら本気でこれがオススメ。
【2018年】東海4県、関西2府3県も対象になったようです。
対象地域の方限定ですが、超速インターネットのNUROがマジでオススメです。
遅い回線だと色々な場面でイライラしませんか?
オンラインゲームなら対人戦のラグだったり、アップデートやクライアントDLに時間が掛かったり……。
ネットサーフィンでも高画質動画や大容量化された音源、3Dモデルのダウンロード、写真のアップロード・ダウンロードだったり
私は2016年10月にソフトバンク光からNURO光に乗り換えたのですが、震えるほど快適になりました。
内容
NURO光(2Gbps)sonyが提供している世界最速のインターネット回線で、関東圏内の方だけ加入できます
東海4県、関西2府3県も対象になったようです。詳しくはこちら→対象エリア
一般的なプロバイダーと違い、基本使用料がないので月額4743円で使い放題とコスパ最高。

インターネット回線速度のイメージ画像
測定サイト: BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定

インターネット回線速度の補足画像
測定サイト: Speedtest.net by Ookla - The Global Broadband Speed Test

どちらも現在使っているNURO光の回線で測定したものです。
1Gbpsの回線に加入していたのですが、フレッツ光の時は実測140Mbpsくらいで
ソフトバンク光は平常時130Mbps夜間になると70Mbpsくらいでした。

関東圏の方のみしか加入できませんが、提供エリア内なら本当におすすめです。
新たに東海4県と関西2府3県が対象となりました。


おすすめBTOパソコンのロゴ画像

当ブログの人気記事

ドスパラの評判

ドスパラの評判をまとめてみた

大手BTOパソコンメーカーであるドスパラの評判をまとめてみました
気になるその評判のまとめと考察、それからドスパラについても軽く考察していきたいと思います

オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングパソコンをお探しの方
RAW現像用パソコンや動画エンコード、動画作成などハイスペックパソコンをお求めの方のお役に立てましたら幸いです

ハイスペックPCが安い!気になるドスパラの評判は?


幅広いラインナップが売りの大手BTOパソコンメーカー
2
GALLERIA Z Series
販売元ドスパラ
販売元URLhttp://www.dospara.co.jp/
おすすめタイプコスパ重視  スペック重視  こだわり派
おすすめ度ico_grade6_5.gif
価格の安さico_grade6_4.gif
カスタマイズico_grade6_4.gif
性能の良さico_grade6_5.gif
出荷目安最短 当日出荷
ショップの特徴日本最大手のパソコン専門店であり、性能と価格のバランスが良い
パーツ構成も優秀で、増設や交換をしない初心者にもオススメできる


価格の安さ

コストドスパラはG-TUNE(マウスコンピューター)に次いで価格が安い激安ショップで
パーツ構成をイジっても低価格で済むため価格と性能のバランスが良いPCが買える

性能的にはG-TUNE製PCと変わらない物が多く
どちらかと言えばG-TUNEで事足りてしまう事が多いが
ケースの変更や電源の変更など細かい設定が出来るため、品質も気にする方向け

価格の安さだけみたらG-TUNEには適わないが、選べるパーツの種類はドスパラのが豊富

ハイエンドパソコンの価格も安いが、特にミドル~アッパーミドル辺りの製品が安く買える

SLI構成のウルトラハイエンドPCは業界トップレベルの安さになっているため
スペック重視の購買層にも強いのが特徴
また、ポイント還元もあるため常連化するとかなりお得になる

ドスパラの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 他のショップに比べ、価格が安かった
 〇 他社より安く、過去に何回も使っていますので、安心感があります
 〇 
ドスパラなら市販よりも安く高性能なものが手に入るのでとても助かりました
 ✕ 最安値というわけではなかった。後から調べたらもっと安い店があったため後悔



カスタマイズ価格について、ドスパラの評判は良いです。BTOパソコンメーカーで最安値というわけではないですが、
業界全体で見てもかなり安いメーカーなので、コスパ重視の方に受けているようです。
ドスパラよりも安いメーカーもありますが、品質と価格のバランスから選ぶ方が多いように見受けられます。

  

カスタマイズ

カスタマイズドスパラは選べるパーツこそ多くないが、人気が高いものは揃えている

特にケースはCM690が選べたり、高冷却ケースのGRoneが選べるのがアツイ
GRoneはファンコントロール搭載で冷却性が非常に高いのが特徴
さらに静音モードとターボモードでニーズに合わせた切り替えがケース前部のスイッチから即座に行える

また、CPUクーラーは静音パック、水冷パックと初心者でも選びやすい工夫がある
パーツ名で選ぶより大分わかりやすいですし

こういった部分から、カスタマイズ性ではG-TUNEよりドスパラのが優れていると言えます
品質や各部のこだわりがある方はドスパラのがオススメです



GR oneケースフロント
grone_1.jpgll_grone_6.jpg
ドスパラの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 ドスパラでの購入は初めてでしたが、対応も早く、品質もよかったので満足です。  
 〇 
カスタマイズにて1万円以内でブルーレイに変更できるのも良い点。 
 〇 
何だかんだで少しカスタムすると、やはり値段は高くなるけど、ある程度満足する物になりました。
 ✕ 全体的には大満足です!ボディはでかいです これは予想以上だったので驚きました



カスタマイズカスタマイズや拡張性についても、ドスパラの評判は良いですね。
よく比較対象にされるマウスコンピューター(G-TUNE)と比べても、選べるパーツの種類も多いですし、冷却性や静音性に幅も出せます
激安ショップには珍しく、ケースも選べるというのがこだわり派にも受けている大切な要素だと思います。



性能の良さ

コスト安いからといって性能が悪いわけではなく、むしろスペックは最高峰のパソコンが並んでいます
SLI構成のウルトラハイエンドPCまで取り扱いがあるため、様々なニーズに応えられるラインナップです
  
オンラインゲーム専用のハイスペックPCがズラリと並んでいるので、ゲーム適性もバッチリです
各種タイアップモデルも多いので目的にあった選び方もできます

割とカスタマイズの幅もあるので、最良のパートナーが低価格で手に入るかもしれません

とくにハードなオンラインゲームをする方でも、GALLERIA XシリーズかZシリーズを選んでおけば
数年は困らない性能だと思います

パーツ構成もオーソドックスで、初心者でも安心して購入できるのが良いですね
XシリーズとZシリーズは初期設定でかなりのハイスペックPCが揃っていますので
後々パーツ交換するのが面倒な方にもオススメです  
ドスパラの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 処理速度が非常に早くとても満足しています。
 〇 すべてのスピードが速く大満足です。 音も静かです。 
 〇 ほとんどの最新ゲームも最高設定で快適に動き 昔のゲームもさらに綺麗になりました
 ✕ 普通。 ゲームでカクカクすることはなくなった



カスタマイズ性能についても、ドスパラの評判は良いです。
取り扱っているパーツは最新のものですし、CPUやGPUはエントリーモデルからハイエンドまで一通りそろっています
SLI構成のPCも取り扱っているため、購入手段があるパソコンの中で最高峰の性能になっていると思います。


サポート

カスタマイズ 購入前のサポートは丁寧で好感が持てますし
トラブル時のサポートも比較的早めに対応してくれるので、流石大手ショップという感じです
  
月額制ですが、各種セーフティサービスも取り揃えてありますし、物損保証なんかもつけられます
有料系のサポートは非常に充実していますし、その辺りは安心ができます
  
ただ、無料サポートが充実していないのでトラブルを自己解決できるくらいの知識は必要です。
この辺りはどのBTOパソコンメーカーも一緒ですが…
電話サポートも9時~21時までしか対応していませんしガチの初心者だと厳しいかと思います

その辺りはG-TUNEやマウスコンピューターに軍配が上がりますね
G-TUNE(マウスコンピューター)は24時間電話サポートとLINEサポートがありますし
ちょっとしたトラブルでも電話に付き合ってくれますし、私も初心者の頃はお世話になりました。
そういった部分を抜いて、ある程度知識がある方にとっては必要十分なサポートと言えますし
ドスパラが格別に悪いというわけでもなく、どのBTOパソコンメーカーでも変わりません。

ドスパラの評判・口コミの引用

カスタマイズ 〇 保証やサポートを考えるなら、知識に自信が無い人なら絶対にこちらの方がお勧め
 〇 納期も早いし、なにより丁寧に包装されていましたので大変嬉しく思います。 またPC関連で拡張等するさいにはドスパラを利用させてもらいます。
 〇 口コミで悪く書かれていることが多かったのですが、私が使った限りは全然そんな印象を受けませんでした。
 ✕ サポートへ電話して修理に出すことはできるが、購入時の箱を処分済みの場合は、5000円近く費用を負担して、『箱』を購入しなければならない。



カスタマイズサポート体制についてドスパラの評判はあまり良くありませんが、これはドスパラが並外れて売れているためとも言えます
ネットの口コミだとどうしても悪評が目立ちますので…私もドスパラで購入したことがありますが、サポートは普通です。別に悪くもないし良くもない。
ただ、初期不良に対しての対応は遅いため、ガチの初心者はサポート体制がしっかりしたG-TUNEやパソコン工房のがいいでしょう
ある程度のトラブルを自分で解決できる方なら特に問題ないと思いますので、好みで選んでしまって良いかと。

総評

カスタマイズ価格の安さと高品質なパーツまで選べるところは高評価
ケース内部の配線の取り回しもキレイにされていますし、仕事っぷりは丁寧です

とくに品質やパーツのブランドに拘らない方はG-TUNEのが安いのでG-TUNEがオススメですが
冷却性や静音性、品質とバランス良く選びたい方ならドスパラのが良いです

マウス、G-TUNE、パソコン工房あたりだとケースもほとんど同じものになりますし
コスパを重視しつつも、少しこだわりを見せるならドスパラですね  

ガチな品質重視の方にはあまり向きませんが
価格を抑えつつある程度パーツを選びたい方にオススメのショップです



ショップ名おすすめ度価格の安さ性能の良さカスタマイズ出荷目安比較してみた
ドスパラico_grade7_5.gifico_grade6_4.gifico_grade6_5.gifico_grade6_4.gif当日可まとめ記事に戻る

当ブログの人気記事

旧式版BTOメーカーまとめ

こちらの記事は過去に掲載していた旧一覧表を保存したものです。
ブックマーク、お気に入り登録して頂いた方にはお手数おかけしますが、
下記の最新版をご確認ください

最新のBTOパソコンおすすめ表はこちらになります→ 最新版!おすすめのBTOパソコンショップを比較してみた【2018】

» 続きを読む

当ブログの人気記事

ハイエンドノートPCを実機レビュー【FF14】



GTX780M搭載ハイエンドノートPC おすすめ度:★★★★☆

GALLERIA QF780HG

 ドスパラ
 インテル Core i7-4800MQ (2.70GHz)/ DDR3 16GBメモリ(DDR3-1600)/
 1TB HDD(SATAⅢ 6Gbps) / Nvidia GeForce GTX780M 搭載 / 
 Windows 7/8選択可能
 ¥229,980(税込)
 CPU:★★★★★
 VGA:★★★★★
 快適:★★★★★
 価格:★★★☆☆

 仕様書:GALLERIA QF780HG
 販売元:ドスパラ
 
 FinalFantasyXIV適性:★★★★★
 オンラインゲーム適性:★★★★★
 FF14を快適に動作させる上で十分な性能を持っています
 最高画質設定でかなり快適な動作が見込めました(管理人が実機でテスト済み)
 ノートPCで快適にオンラインゲームをプレイしたい!という方にはオススメです

 詳細なレビューは【続きを読む】からご覧ください

 

 

» 続きを読む

当ブログの人気記事

【高CP】ハイスペックPC【業務用】

前回の記事に引き続き安光様からご要望頂きました業務用PCのレビューをしていきます
前回ご紹介したのはサーバー用のPCで、今回は開発用PCとなります

普段私がレビューしているゲーム用パソコンとは用途が異なりますので
ゲーム用PCをお探しの方はこちらのPCを購入しないように注意してください。


さて、安光様から頂いたご要望ですが
・予算15万以内
・メモリ16GB
・OSはLinaxを使う(ので要らない)
・CPUは4コア以上
・ゲームなどの遊びには使わない

との事です
こちらに沿ったPCを早速探してきましたので、ご紹介したいと思います。

BTOショップは前回同様STORMを使います
ここはマウスと違って細かいカスタマイズに対応でき、使用目的がはっきりしている場合は重宝します




Core i7-3820搭載ハイエンドPC おすすめ度:★★★★★

nnm2.jpg



 Storm Power Extreme-G

 STORM -system technology-
 インテル Core i7-3820 (3.60GHz)/ DDR3 16GBメモリ/
 256GB SSD / 1TB HDD / intelHD4000 / 
  ¥139,973(税込) 
 CPU:★★★★★
 VGA:★
 快適:★★★★★
 価格:★★★★★

 製品へ: Storm Power Extreme-G
 仕様書: Storm Power Extreme-G仕様書
icon
 販売元:

 多くの企業・大学に納入実績がある老舗STORM
 コストパフォーマンスとパーツの充実性が魅力のお薦めBTOショップ

 企業ではNTT、松下電器、マイクロソフト、コニカミノルタ、トヨタマックス、理化学研究所、NHKなど(一部抜粋)
 大学では東京大学、京都大学、慶応大学、埼玉医科大学、宇都宮大学、名古屋大学など(一部抜粋)

 詳しくはこちらのページで→ STORM会社概要



初期構成では53,550 円のミドルレンジモデルとなっておりますが、
これをカスタマイズして開発用高性能PCに仕上げていきます。

カスタマイズ手順は後述しますので、先ずは各パーツのレビューから行っていきましょう


【CPU: Core i7-3820】
intel-core-i7-38202-1329387698.jpg


2012年2月13日に発売されたintel SandyBridge-E Core i7-3820
実売価格25000円のコアユーザー向けCPUです

Sandy-Eは『SandyBridge-Enthusiast』の略で
Enthusiast(熱狂的なファン)に向けたハイエンドCPUブランドです

文字通りコアユーザーのためだけに販売されているので
コスパ度外視で性能だけを追求した『力こそすべて』なCPUです

メインストリームのintelCPUが持つ4コア8スレッド(仮想8コアCPU)と同じ4コア8スレッドモデルですが
L2/L3キャッシュが多いので同じコア数でもメモリアクセス速度が違います
(IvyBridgeでもL2/L3キャッシュともに8MBだが、i7-3820は10MB)

このキャッシュの容量が大きいほど、メモリへのアクセス回数がへり、全体的な処理が高速化するのです。
安光様のご所望である「メモリアクセスの高速化」においても非常に有用なCPUだと思います
アクセスさせる回数を減らすことでも高速化になるのではないかと考えるからです。

さらにクアッドチャネルメモリコントロールの恩恵で、メモリアクセス速度自体も他のCPUを凌駕します。

性能面では6コアCPUである3930Kや3960Xに劣りますが
他の4コアCPUには殆ど負けていません
最新CPUであるIvyBridge Core i7-3770Kにも匹敵するほどです

さすがにSandy-Eの名は伊達じゃないということでしょうか。



【VGA: intelHD4000】
特にグラフィックス性能は必要でないので、オンボードのCPUグラフィックスを利用します。
当然ゲームが出来るようなスペックではないですが、Win7用のエアロ表示などにも使えるので
とりあえず最低限のものをということです。



【RAM: 16GB】

DDR3-1333 4GBx4

Sandy-E最新のシステムであるクアッドチャンネルアクセスを生かし
4枚のメモリ同時に使うことで性能を向上させることが出来ます

DDR3-1333をIvyBridge Core i7-3770Kで動かした場合メモリ帯域は21GB/sほど
SandyBridge Core i7-2700Kでは17GB/sほどになりますが
このSandy-E Core i7-3820では36GB/sになります

3960Xが37GB/sなのでかなりの速度ではないでしょうか?



【記憶ドライブ:1TB HDD/256GB SSD】
ご要望にありましたとおり、256GBのSSDと1TBのHDDを搭載しています
256GBのSSDは高価なので、かなりの金額を持っていかれますが、ただ今キャンペーン中で安くなっていました。

Crucial製の高品質SSD(読み込み速度500MB)が33000円程度です
クルーシャル製のSSDは管理人の私も愛用していますし、価格比較サイトでも人気1位の製品です。



【CPUファン: ENERMAX ETS-T40-TB】
index.jpg

ENERMAXが販売している高性能CPUクーラーです。
3820という高級CPUを使うので、できれば良いCPUクーラーを搭載したいと思い選びました。

普通のクーラーでは夏場の長時間稼動で寿命面が心配ですし、スペックダウンにも繋がりますので…
こちらの製品は冷却性能が非常に高く、かつコスト面も優れているので私のお薦めです。



【ケース: NZXT H2-Black】
black.jpg
バランス面を考慮してこちらのケースを選びました。
静穏性と冷却性のバランスが優れているケースです

特に静穏性が高く、中に防音シートが張られていますので、一般のケースとは違います。
冷却性もそこそこ高いので夏場の節電にも耐えうるのではないでしょうか?
(最近はクーラーの設定温度が高いので下手すると外より暑いですからね)

見た目もシックなので職場の雰囲気を壊さないのではないでしょうか。
このケースはお薦めです。


【電源: Antec EARTHWATTS EA-550-PLATINUM】
550Wの80PLUS【PLATINUM】電源が搭載されていますので、容量的には問題ないです
品質も高く、電源効率も高いので逸品とも言える電源です。

80Plusプラチナは数ある電源の中でも一部の限られた製品しか認定されていません
たしか世界中の全パソコン用電源の中で1%程度だったと思います

電源の変換効率が最高階級なので、通常の電源にくらべてかなりの電気代が削減できると思われます

80Plusに認定されていない通常の電源の変換効率は60~70%くらい
このPLATINUM電源は91%以上の変換効率を持ちます

電源の変換効率についてはこちらの記事を参照して下さい
無駄に詳しく力説してしまっています → 意外と知らない電源の重要性

これなら十分な容量がありますし、環境にも優しいです



【総評】
こちらも安光様からご要望頂いた内容にそって選んで参りましたが…如何でしょうか?
予算より少々安く見つけることができました。

CPUの性能とメモリの容量的に、通常のPCより遥かに高性能には仕上がっていますが
正直、開発用のPCとして十分かどうかは判断し兼ねます…

通常のプログラム開発程度でしたら問題ない・・・というかオーバースペックだと思いますが
安光様の希望するスペックに届いているかはわかりません

ただ、現状でこれ以上のPCを買おうとするならば予算が15万では心許ないですね
CPUのアップグレードとメモリのアップグレードはコストパフォーマンスがよろしくないので…
少々いじるだけでも+3万~5万は軽くかかってしまいます。

私としては予算15万ならこのパソコンで!と思いますが…
如何でしょうか?


【カスタマイズ項目】

時間の都合上まだ用意できていません…
私事で申し訳ないですが寝ないと大変なことになる時間になってしまいましたので
明日に続きを更新します。

当ブログの人気記事

人気記事まとめ
GPU性能比較 CPU選び方 メモリの選び方 メモリの選び方
BTOパソコン比較【最新版】はこちら↓
比較アイコン2
新着記事
TSUKUMOの評判と詳細レビュー Jun 19, 2018
Core i7-8086Kは史上最高のゲーミングCPU? Jun 13, 2018
STORMの評判と実際に使ってみた感想 Jun 10, 2018
【最新版!】パソコンショップSEVENの評判と口コミをまとめてみた Jun 07, 2018
サイコムの評判とフルカスタマイズPCの利点 Jun 03, 2018
よく読まれている記事
最新コメント
プロフィール

厳選おじさん

Author:厳選おじさん
ゲーミング用PCの考察をしています
ただのゲーム&パソコン好き一般人です
消費者視点からのおすすめパソコンを
紹介できればと思っています

TERA:エリーヌ鯖
ToS:ガビヤ鯖

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示
軽量 ページネーション