発売日が迫るSandy-EとX79マザー - おすすめBTOパソコン
  1. Top
  2. » パーツ考察
  3. » 発売日が迫るSandy-EとX79マザー

発売日が迫るSandy-EとX79マザー

今日の記事は久々のパーツ考察です。
発売日が迫るSandy-Eの情報を整理してみたいと思います。

「Sandy-Eって何よ?」

開発コードネーム『Sandy Bridge-E』とは
LGA2011で開発されたハイエンド向けCPUです

現在販売されているCore i7はLGA1366/LGA1155というプラットフォームで開発されており
このLGA2011は最新のプラットフォームになります

新CPUの前にX79マザーボードの話からしていきましょうか。



LGA2011 

「LGAなんとかって何なの?」

CPUを入れるソケットを指します。
LGA2011は2011個の接点を持つ新プラットフォームです。
簡単に言うと、このLGA2011は新CPU『Sandy-E』用の新ソケットですね

第二世代インテル(SandyBridge)はLGA1155と呼ばれるプラットフォームを採用しており
1155個の接点を持ったSandyBrige用のソケットを持ちます。
同じように初期Core i7はLGA1366というソケットを使っているので、Core i7(SandyBrige)とは互換性がありません


このソケットの種類が違うとCPUが物理的にささりません。
今Core i7-920などの初期Core i7を使っている方が、Core i7-2600や『Sandy-E』に交換しようとしても
マザーボードの規格が違うため、物理的に交換不可能です。

「CPUを交換するならマザーボードごと交換しなきゃ・・・」とか聞いたことありませんか?
あれはこういった理由があるためですね。

ソケットの種類が同じなら交換可能なのですが、規格が違うと物理的にささりません。
Core i7-920→960といった同じX58チップセット同士ならば交換可能ですが
Core i70920→2600といったチップセットの種類が違うCPUには交換が出来ないといった理由です。


では本題のLGA2011ですが、これはX58の流れを汲んだ新チップセットX79を採用しており
性能面もX58より強化されています。

計画当初の性能指標より大分下がったようですが、それでも魅力がある新製品といったところでしょうか

今回はこのLGA2011、X79チップセットを採用した新しいマザーボードについて考察していきたいと思います。



X79チップセット 

まずX79チップセットを採用した新マザーボードの概要から行きましょう

X79がサポートしているのはSandy-Eチップセットのみ。
2013年発売予定のIvy-Eという新CPUもX79チップセットを使う見込みがあるようですが
確定情報ではないので今のところSandy-Eのみのサポートとなるようです。

既存のX58やH67などのマザーと違う部分はメモリー制御の部分でしょうか
X58などのLGA1366はトリプルチャネル(3枚綴りで性能が向上するシステム)を採用してあり
H67などのLGA1155はデュアルチャネル(2枚綴りで性能が向上するシステム)が使われています

このLGA2011はクアッドチャネル(4枚綴りで性能が向上するシステム)を新しく採用し
メモリー制御の性能は従来よりも飛躍的に向上するようです

マザー側の最大搭載数も既存の24GBから脅威の64GBになり
メモリースロットも8スロットになるようですので、まさに新チップセットといった内容ですね


Pci-Express 

X79チップセットはPCI-Eのレーン数もLGA1155より優れているため、コアなユーザーから注目されています。

「PCI-Eって何さ?」

PCI Expressの略で、コンピューターの内外にある各回路がデータの送受信をするバス(経路)を指します
このPCI-E x1だの、PCI-E x16だのといった数字は、そのレーン数を指すわけです。

1本のレーンで2.5GB/sの転送速度を持ち、そのレーンが何本あるかを表しているわけですね

PCI-E x16は主にグラフィックボード(GPU、VGA)に使われています

PCI-Ex16をフルレーンと呼び、GPUを1枚さすのにこのx16のレーンを1つ使います。
X58チップセットx16のポートが2つ用意されており、GPUを2枚挿してもx16が2つ動作するのに対し
H67やP67,Z68などのマザーボードではx16が1ポートしか無いため
GPUを2枚挿すとx16ではなく、x8が2つといった動作になります

こういった問題から、デュアルGPUをフルレーンで使えない制約があり
ハイエンドGPUを複数搭載するコアユーザーからは敬遠されていたのですね

新チップセットであるX79はX58同様x16が2つあるので、デュアルGPUでもフルレーンで動作します。

トリプルGPU構成では基本的にx16+x8+x8になりますし、クアッドGPUでは4つともx8動作になります
トリプルやクアッド環境でも全てフルレーンで動作させることができるマザーボードもありますが
ハイエンドPCを組む場合はそういった物を選ぶことも大事になってきますね。

まぁ3-WAY 4-WAYなんかCPUがネックになりますし、ほとんどやる方はいませんけど・・・
デュアルGPUでもCPUがボトルネックになって性能全部使い切れないことが多いので。



SATA3.0の対応 

SATA(シリアルATA)の3.0に対応しているポートが2つ付いています。
これは記憶ドライブとコンピュータを接続するインターフェースですね

簡単な話、これの性能が良いとデータの読み込みや書き込みが早くなります。

現在主流の2.0(SATA 3Gbs)に比べ、倍の転送速度を持つ3.0のポートが2つ付いています

LGA1155のマザーボードでも3.0対応しているものが多いので格別目新しいものではありませんが
SSDや高速HDDの転送速度が速くなるので注目したくなる機能ですね。

将来的に6ポートのSATA3.0が搭載される見込みになっているそうですが
近日発売するX79マザーボードは技術面の問題で2ポートに制限されています

HDDを3個以上搭載する方にとっては何とも残念なマザーボードになってしまいますが
HDD+SSDといった構成を考えている方には特に問題となりません



あとがき 

計画当初の性能からは大幅に下がっていますが、面白みは十分にありますね
メモリ搭載量最大64GBというのは・・・無駄ではありますがロマンです。
ハイエンドモデルだけあって価格はかなり高いですが、惹かれるものはあります。

昔、HDDの容量を1TBにして人口知能(AI)を生み出してしまい
そのAIが戦ったり恋愛してしまったりと言う素敵な漫画がありました

かなり古い漫画ですが、当時その漫画が仲間うちで流行っていて
「1TBのHDDとかいくらあれば作れんだよwwww」
「金持ちになって1TBのHDDを作ってAIを生み出すのが俺の夢」とか馬鹿な話をしていたものですが

いまや1TBのHDDとか5000円以下で買える時代です・・・。

メモリ256MBのパソコンが出たときは「俺のPCのメモリ256MBだぜ!!!いいだろwww」と
自慢していたあの頃からすれば、メモリ64GBとかアホの極みですね。

日々進化するパソコン業界
なんとも感慨深いものです。


さて、次回は11月14日17時に発売する新CPUの考察をしたいと思います。
関連記事

当ブログの人気記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://nandemo767.blog.fc2.com/tb.php/138-646762cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

BTOショップ比較【最新版】はこちら↓
比較アイコン2
最新記事
よく読まれている記事
最新コメント
プロフィール

厳選おじさん

Author:厳選おじさん
ゲーミング用PCの考察をしています
ただのゲーム&パソコン好き一般人です
消費者視点からのおすすめパソコンを
紹介できればと思っています

TERA:エリーヌ鯖
ToS:ガビヤ鯖

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示