Core i7-3960Xの実力は~その2~ - おすすめBTOパソコン
  1. Top
  2. » パーツ考察
  3. » Core i7-3960Xの実力は~その2~

Core i7-3960Xの実力は~その2~

11月14日17時より販売が開始され、一部で盛況を見せるSandy-E Core i7-3960Xですが
気になるのはそのスペックですね

実売価格85000円前後と、結構安めに出てきたのが驚きです
ご祝儀で90000円超えると思っていました。

同じくSandy-E core i7-3930Kは45000円前後と、かなり値段に開きがあります
これらを搭載した最新PCも販売開始されたので後々ご紹介しましょう

先ずは気になるSandy-Eの実力から考察していきたいと思います


Core i7-3960X レビュー&ベンチマークまとめ 

s1.jpg

http://www.4gamer.net/games/128/G012878/20111113016/
http://www.tomshardware.com/reviews/core-i7-3960x-x79-performance,3026.html
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20111114_490745.html
http://techreport.com/articles.x/21987/15
http://ascii.jp/elem/000/000/648/648989/
http://www.techspot.com/review/465-intel-sandy-bridge-e-core-i7-3960x/
http://www.itocp.com/htmls/90/n-3090.html

海外サイトもあるのでご注意を。
どこの結果みても同じといえば同じですが・・・
評価は先ず先ずといったところでしょうか

マルチスレッドが生かされる環境下では性能を遺憾なく発揮しています
さすがに6コア12スレッドといったところでしょうか
同じEEであるcore i7-990Xと比べたら全体的に性能が向上しているので、首尾は先ず先ずでしょう。

980Xと比べたら大分性能が上がってますので、買う『価値』は高いです
しかし980Xや990Xから乗りかえる『必要』は全くないでしょうし
sandyBridgeから乗り換える『必要』も無いです

あくまで最速最強を狙うコアユーザーに向けたハイエンドCPUということになりますが
魅力は十分にありますね



Core i7-3960X メリット

色々なレビュー記事とベンチ結果を見てきましたので
要点だけささっとまとめてみたいと思います。

先ず魅力的だと感じる部分は、やはりX79チップセットでしょうか
LGA2011は現在Sandy-Eしかサポートされていませんので、Sandy-E専用となります。

このLGA2011 X79チップセットの特徴として、メモリコントロールの優秀さが挙げられます
クリエイティブ用途では活躍しそうですね
私もPhotoshopを使うので惹かれる部分です

メモリの帯域幅を見るベンチマークテストでは、クアッドチャネルの性能を発揮し
Core i7-2600KやCore i7-990Xにダブルスコアで圧勝しています。

メモリコントローラが優秀だとの前評判でしたが、見事ですね

Core i7-2600Kのメモリ帯域が22GB/s(1秒間に22GBのデータを転送できる)
Core i7-990Xのメモリ帯域が25GB/s
Core i7-3960Xのメモリ帯域が36GB/s

メモコンの優秀さは半端ないですね・・・驚異的な数字です。

さらにCPUのL3キャッシュが大幅に増えているので、コア間の帯域も増大しています
990Xに比べて45%も帯域が増え、2600Kに比べても36%上昇していますし
最速ハイエンドは伊達じゃないといったところでしょうか。

メモリを多く使うクリエイティブ用途ではその実力を遺憾なく発揮してくれるでしょう。

実際にPhotoshopCS5のベンチを見てもかなりの数字を出しています
16MBのTIF画像(15000x7266)にフィルタリング【ぼかし(放射線状)10/ズーム/高い】をかけるという方法で比べた結果

Core i7-2600Kが1分26秒
Core i7-990Xが1分9秒
Core i7-3960Xが1分6秒

という結果で終わりました
この処理くっそ重いんですよね・・・私のPCでは2分以上かかるんじゃないでしょうか
前のPCでやってフリーズしたことがあるくらいです
環境も一緒でPhotoShopCS5で試しました。

Photoshopは普段からよく使うのでこの結果には興味ありますねぇ・・・
ぼかし処理がかなり重くて困っているので、ちょっとSandy-Eが欲しくなってきます
そもそもPhotoshopCS5を使うためにwin7-64bitにしてメモリ16GBにしたので、ものすごい興味を惹かれます

ものすごい興味を惹かれます(大事なことなので二回

価格はどのくらいなのか気になったので、市場調査も兼ねて通販で販売しているショップを探してきましたが
気づいたら住所記入までいってました


あやうくIYHするとこだった・・・あぶねぇ・・・なんてあぶねぇ野郎だ3960X

しかしIvy待ちの私としては、ここで購入しても春にまたIvyを買うはめになるので
1時間くらい悩んだ末見送ることにしまし・・・・・・できるのだろうか。

今俺を止められるのはIvyBridgeの存在だけだ
このままではSandy-Eを購入してしまう・・・
クリリン

Ivy------!!!!早く来てくれぇえええーーーーー!!!!


AfterEffectCS5.5でも990XやCore i7-2600Kを上回るようですし
エンコードは圧倒的なパワーを見せ付けてくれます。

うーんたまりませんね



Core i7-3960X デメリット

これはシングルコアのパワーが低くなっていることですかね
シングルコアの性能が重要になってくるゲームタイトルではcore i7-2600Kと僅差です
それでも上回っていることは上回っているので、一応ゲーム用途でも最速のハイエンドという名目は保たれますが

Core i7-2600Kの価格は23000円前後
Core i7-3960Xの価格は85000円前後です

4倍近い値段なのに僅差というのは頂けません
コスパを考えたらCore i7-2600Kが圧倒的な大勝利ですね・・・

マルチコアマルチスレッドがフルに生かされるようなタイトルでしたら
かなり差も出てくると思うのですが・・・

今あるタイトルだと殆どが僅差でした
BF3やFF14なんかもちょっと上回っている程度です。

以上のことから、ゲームのみで見ると価値は低いです
ゲームしかしない場合はSandy-EではなくSandyBridgeにしておくほうが良いですね
エンコードやクリエイティブ用途で使うなら非常に高性能なCPUですが


あと、マルチGPU環境だとCPUが足を引っ張ることもあるので
Core i7-2600Kよりこの3960Xのがスコアの伸びが良いです

ゲームベンチでも3WAY-SLIなんかでは結構大きい差がでていました。

OCなしでの比較ベンチしか上がってないのが残念ですが
3960X[OC]でSLI、CFXをしたら性能の差が顕著に出てくるのではないでしょうか。

むしろそこからが本番なのかもしれません


他に目立った欠点といえば、メモリの搭載枚数でしょうか
8枚まで搭載可能とありますが、8GBが実際に安定動作するのは4枚までだそうです
8GBx8枚は相当シビアになるので動作保証していないところが多いですね

今のところ安定動作するのは8GBx4の32GBまでだと言うことです



Core i7-3960X オーバークロック

ExtremeEditionですからね・・・やはりオーバークロックが気になるところです。

このCPU自体にリテールクーラーが付いていないので、専用空冷ファンか水冷クーラーを別途購入することになります。
水冷でプチオーバークロックするのがバランス良さそうですね

気になるオーバークロック耐性ですが、ちょっと微妙な空気ですね・・・
安心常用できるのは4.5GHzくらいまででしょうか

普通石でも頑張れば5.2GHzまで伸ばせるみたいですが、5.5Ghzまで届く当たり石は少ないそうです
400個に1個くらいだとか

まぁでも4.5GHzまで上げたら化け物CPUになりますからね・・・十分っちゃ十分ですが・・・
Core i7-2600Kみたいに5.7GHzとか目指してた方には物足りないかもしれません。







関連記事

当ブログの人気記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://nandemo767.blog.fc2.com/tb.php/142-c37e050d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

BTOショップ比較【最新版】はこちら↓
比較アイコン2
最新記事
よく読まれている記事
最新コメント
プロフィール

厳選おじさん

Author:厳選おじさん
ゲーミング用PCの考察をしています
ただのゲーム&パソコン好き一般人です
消費者視点からのおすすめパソコンを
紹介できればと思っています

TERA:エリーヌ鯖
ToS:ガビヤ鯖

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示