【初心者用】かんたん!メモリの仕組みと選び方 - おすすめBTOパソコン
  1. Top
  2. » パーツ考察
  3. » 【初心者用】かんたん!メモリの仕組みと選び方

【初心者用】かんたん!メモリの仕組みと選び方

初心者でも早わかり!かんたんメモリ講座


メモリってクアッドチャネルとかバンド幅とか転送速度とか色々複雑なワードが絡みあっていて
いまいちわかりづらいですよね。

BTOパソコンを選ぶ際にも容量だったり、クアッドチャネルだのデュアルチャネルだの色々出てきます。
このクアッドチャネル、デュアルチャネル、トリプルチャネルという単語は
当ブログでも度々登場しますが、一体どのようなシステムなのでしょうか?

今日はメモリについて詳しく解説していきたいと思います。
では先ず初歩的な部分からいきましょう!

メモリって何?

lgi01a201405110800.jpg

メモリというのはコンピュータ内でデータやプログラムを記憶する装置です

昨今ではスマートフォンやタブレットでもソーシャルゲームやアプリケーションの進化により動作が重くなりますし
『メモリ』が注目されていますよね。

コンピュータのデータを保存するパーツには「HDD」や「SSD」といった記憶ドライブという物があります
スマートフォンやタブレットにも「SDカード」や「フラッシュメモリ」が搭載されており、そこにデータが記憶されます。

コンピュータ内のデータはそこに保存され、そこから読み取りを行っているわけですが
データの読み書きをするのにある程度の処理時間が掛かってしまいます。


CPUがデータを読み込む際、全ての処理をHDDやSSDから行う場合
とてもとても時間が掛かってしまうので、その問題を解決するべく生まれたのが『メモリ』なのです

使用するデータを一時的に保存して置く場所を作って、そことデータのやり取りをさせれば
もっとパソコンやスマートフォンを早く動かせるといった話ですね

メモリというのはデータを電気的に一時保存して、CPUと高速にやり取りをするための装置なのです。


メモリの容量

メモリ2

メモリの容量が沢山あればあるほど、大量のソフトやアプリケーションを動かす時に有利になります。
簡単な話、メモリの容量が大きければ大きいほどパソコンの動作が快適になります。
上記の画像は私がブログ更新などに使っているPCのSSで、メモリは32GB搭載されています。

「メモリが多いと何で動作が快適になるの?」

それはですね、メモリはパソコンを使用しているとドンドン使われていくのです。
ちょっと変な例えですが、メモリを1つのテーブル、そしてデータを食べ物がのったお皿だと考えてください


パソコンを使っていると様々なデータのやり取りが行われます
ソフトを動かして作業をしたり、ゲームをプレイしたり、インターネットでサイトを見たり

こういったデータのやり取りが行われると、そのデータは一時的にメモリへと保存されます
これは前述した理由の通り、CPUと高速にデータの受け渡しをするためですね

テーブルにどんどんお皿が運ばれてきて、テーブルが埋まっていく感じを想像してください

このお皿が増えていくと、テーブルがいっぱいになってしまいます
メモリは一時的に保存をしていく場所なので、テーブルがいっぱいだからといって勝手にデータが消えることはありません
使用しているソフトを終了した場合はそのソフトが使っていたデータ分はメモリから削除されます

つまり食べ終わるまでお皿は片付けられない、けど新しいお皿はテーブルに増えていく
これがデータとメモリの関係です。


たとえばペイントソフトで作業をしている最中に、ネットで音楽を聴いたりする場合
和食(ペイントソフトのデータ)がどんどん運ばれてきている中で、中華(音楽のデータ)が追加されていきます

小さいテーブルではすぐに溢れてしまい、データを置いておくことができなくなります。
それでもソフトを終了(オーダーストップとでも言いましょうか)しない限り、データはメモリから消えません

その場合、溢れたデータ(お皿)はHDDやSSDといった記憶ドライブに保存されるようになります
HDDは冷蔵庫とでもしておきましょうか(笑)

この溢れたデータがHDDに保存されてしまうと、非常に処理が重たくなります
1口食べるごとに冷蔵庫から取りだし、もぐもぐしてる間にまた冷蔵庫に保存され、
次の一口を食べるときはまた冷蔵庫から取り出して食べなくてはならないといったところでしょうか

そうするとデータのやり取りが物凄く遅くなってしまいます
この状態になると「パソコンの動作が重い」と感じるようになりますね

これをメモリの『スワップ』と呼びます。


こういった理由から、メモリの容量が大きいと沢山の作業を快適にこなすことが出来るようになりますし
長時間の使用でもパソコンが重くなりにくいといった利点が生まれます

メモリの容量とはテーブルの大きさだと考えてください。


ちなみにパソコンを再起動したり、メモリ開放ツールを使えば簡単にメモリが開放されます
そうすると動作が快適な状態に戻るのです

よく「パソコン重いから再起動するわ」とかネットゲームをやっていると聞きますが
あれはメモリを開放するための再起動なのですね




メモリの帯域幅

バンド幅 引用元: Crucial Ballistix Sport LT 2400MHz 32GB (2x16GB) DDR4 Review | | Page 5

メモリの帯域幅はbandwidthとも言います
メモリにおける帯域を表したもので、データの転送速度に関ってきます。

データ転送に用いる周波数の下限と上限の幅を指すものですが
その幅が広いとデータの転送速度が速くなるといった理由から、データの転送速度として使われます

帯域幅が広い=データの転送速度が速い といった意味で使われている事が多いです。


DDR3-1333(PC3-10600)というメモリがありますが
このメモリの帯域幅は10600(10.6GB/s)です
1秒間に10.6GBのデータの転送が可能とされています

DDR3-800(PC3-6400)の帯域は6400(6.4GB/s)となり
DDR3-1333のほうがデータ転送速度が速いと言うことになります

このように、帯域幅が大きいものほどデータの転送速度が速くなるのですね




クアッドチャネルとは

a3c8db92-48c6-4894-91b3-fc010492dd38-1.jpg

これはCPUやマザーボード側の企画になりますが、メモリを複数枚同時に使うことで性能を向上させるシステムです。

メモリを2枚同時に使うデュアルチャネル
メモリを3枚同時に使うトリプルチャネル
メモリを4枚同時に使うクアッドチャネルがあります


これはそのまま数字が大きいものほど性能が高くなり
デュアルチャネルとは同じメモリを2枚同時に使うことによって、前述した帯域幅を2倍にしてしまう画期的なシステムです

DDR3-1333(PC3-10600)をデュアルチャネルで起動した場合
(10.6GB/s)x2=21.2 GB/s という転送速度を出せるようになります。

トリプルチャネルは31.8 GB/s という帯域幅を持つメモリになり
クアッドチャネルなら42.4 GB/sという驚異的な帯域幅を持つメモリになります


この○○チャネル(アクセス)システムは、全く同じ型番のメモリ同士でないと使えません
そのため、2枚セット3枚セット4枚セットで販売しているショップがあります

増設を目的としているならば、このセット販売で同じ種類のメモリを必要数そろえましょう。



メモリ帯域のボトルネック


これについてはちょっと小難しい解説になってくるので
必要ないと思う方は読み飛ばしてください


CPUにはFSB(フロントサイドバス)と呼ばれる転送回路があります
core i7ではQPI(QuickPath Interconnect)という接続技術に変更されていますが、用途は同じです。


これはマザーボードや他のパーツとデータのやり取りをする速度を表すもので、
これが低いと他のパーツの性能が高くてもボトルネックとなり性能を発揮できません

マザーボードにもFSBがどこまで対応しているかの違いがありますので
よく調べてから購入することをお薦めします。

とくにCPUはメモリ帯域との問題が大きいので、取り扱うメモリには注意したほうが良いでしょう。
最近は取り扱えるメモリの種類が書いてあるので、その通り選べば問題はありません


core i7-2600ならDDR3-1333と書いてありますが、これはDDR3-1333以下のメモリが使えるということです
DDR3-1600のメモリはCPU側がボトルネックになり性能を発揮しきれません

またCPUの性能によってメモリの帯域をどれだけ使えるかが変わってきますので
良いCPUを積むことで、メモリの速度も向上させることが出来ます


例えばcore i7-990Xですが、これはトリプルチャネルでDDR3-1066まで取り扱えます
990Xの定格運用ではメモリ帯域を25GB/s程度しか使えませんので
DDR3-1066(PC3-8500)(8.5GB/s)x3=25.5GB/sが頭打ちといった感じです
DDR3-1333(PC3-10600)(10.6GB/s)x3=31.8GB/sで運用しても25GB/s辺りまでしか使い切れません


core i7-2600KはDDR3-1333まで対応しているので、DDR3-1333をデュアルチャンネルで動作できます
DDR3-1333(PC3-10600)(10.6GB/s)x2=21.2 GB/s

2600Kの定格運用ではメモリ帯域を22GB/sくらいまでしか使えないので、これで頭打ちです
DDR3-1600(PC3-12800)(12.8GB/s)x2=25.6GB/sではボトルネックになり、性能を発揮しきれません


Core i7-3960XはDDR3-1600まで対応しており、これをクアッドチャンネルで動作させることが出来ます
DDR3-1600(PC3-12800)(12.8GB/s)x4で51.2GB/sですが、さすがにここまでは扱いきれませんね・・・


3960Xのベンチ結果はメモリ帯域36.3GB/sまでしか使えないようなので、DDR3-1600x4はボトルネックになります
まぁ余分に帯域を持っておくのは特にデメリットにならないので、ありっちゃありなんですけどね
3960XをOCすると45GB/sくらいまでは使えるっぽいので、さすがといったところでしょうか


とまぁ、このようにCPUごとに扱えるメモリの種類がありますので
そこのあたりも加味して選んでいくことが大事になります





以上で今回の記事を終わります。
大変長くなってしまいましたが、ここまでお読みくださりありがとうございました

少しでも参考になりましたら幸いです。


こちらの記事も良く読まれています
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
【2017年】最新版!BTOパソコンショップ一覧表。20以上のBTOパソコンショップを一目で比較できます。現在、様々なBTOパソコンショップがあり、どれを選んでいいか良くわからないと言う方も多くいると思います。そこで当ブログおすすめのBTOパソコンメーカーをまとめた比較リンク集を作成してみました。オンラインゲーム用パソコン、ゲーミングPC、RAW現像用パソコン、ハイスペックパソコンをお求めの方少しでも参考になりました...
関連記事

当ブログの人気記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLtagは使用できません
ID生成と編集に使用します
管理者にだけ表示を許可する

Page Top

Trackback

Trackback URL

http://nandemo767.blog.fc2.com/tb.php/143-cae9212d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

BTOショップ比較【最新版】はこちら↓
比較アイコン2
最新記事
人気記事一覧
ブログパーツ
最新コメント
プロフィール

TenCo

Author:TenCo
ゲーミング用PCの考察をしています
ただのゲーム&パソコン好き一般人です
消費者視点からのおすすめパソコンを
紹介できればと思っています

TERA:エリーヌ鯖
ToS:ガビヤ鯖

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
天気予報【全国】
リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示